眞島秀和×岸井ゆきの出演舞台『月の獣』が東京・新潟・兵庫で上演決定!

眞島秀和×岸井ゆきの出演舞台『月の獣』が東京・新潟・兵庫で上演決定!

舞台『月の獣』が、12月7日(土)~12月23日(月)に紀伊國屋ホールにて上演されることが決定した。(新潟、兵庫で公演あり)

アメリカ・ウィスコンシン州出身のリチャード・カリノスキ―が、第一次世界大戦中に起きたアルメニア人迫害の実話に基づいて描いた『月の獣(Beast on the Moon)』は、1995年の初演から今日まで19か国語に翻訳、20か国以上で上演され、2001年にはフランス演劇界で最も権威ある「モリエール賞」を受賞。

日本での初演は2015年。その際にも演出を手掛けた日本を代表する演出家・栗山民也が、映画、ドラマ、舞台と幅広いフィールドで活躍する眞島秀和と、早くから実力派女優として注目されていた岸井ゆきのをはじめ力強く魅力的な出演者とタッグを組み再び演出する。

【眞島秀和 コメント】
今回、アメリカに亡命したアルメニア人・アラムを演じます。
共演する岸井さんとは以前ドラマで共演しているのですが、とても魅力的な女優さんです。今回の共演もとても楽しみにしています。
演出の栗山さんとは今年2月に出演した舞台『チャイメリカ』で初めてご一緒させて頂き、とにかく演出のスピード感になれるまで大変でした。
出演者が少ない舞台で、こんなに台詞のボリュームが多い役をやらせて頂くのは初めてとなりますので、自分の中で一つの節目になる大切な作品になると思っています。

【岸井ゆきの コメント】
私は眞島さん演じるアラムの妻・セタを演じます。
眞島さんはお芝居に対してとても誠実で、ユーモアのある面白い方です。以前ドラマで共演した際、撮影中と休憩時間との切り替えがすごくカッコイイなぁと思っていました。
栗山さんの演出は初めてになります。分からないことを具体的に考えられるくらい、まず台本をしっかり読んで稽古に臨みたいです。
戦争、宗教、、言葉にすると少し難しい題材かもしれないですけど、お客さんにきちんと伝えられるように栗山さんと4 人の出演者で頑張っていきますので、是非観に来て頂きたいと思います。

【STORY】
第一次世界大戦の終戦から3 年が経った1921 年、アメリカ・ミルウォーキー。
生まれ育ったオスマン帝国(現・トルコ)の迫害により家族を失い、一人アメリカへと亡命した青年・アラムは、写真だけで選んだ同じアルメニア人の孤児の少女・セタを妻として自分の元に呼び寄せる。
新たな生活を始めるため、理想の家族を強制するアラム。だが、まだ幼く、心に深い闇を抱えるセタは期待に応えることができなかった…。
二人の間に新しい家族ができぬまま年月が経ったある日、彼らの前に孤児の少年が現れる。少年との出会いにより、少しずつ変わっていくアラム。やがて彼が大切に飾る穴の開いた家族写真に対する思いが明らかになっていく。

公演情報

『月の獣』
作:リチャード・カリノスキー
演出:栗山民也
出演:眞島秀和、岸井ゆきの、久保酎吉、升水柚希
舞台監督:藤崎遊
企画:パソナグループ

東京公演:12 月7 日(土)~23 日(月)
会場:紀伊國屋ホール
主催・製作:テレビ朝日、産経新聞、パソナグループ
チケット料金:全席指定:8,800円(税込)
※未就学児童の入場不可。
チケット発売日:9月7日(土)午前10時

新潟公演:12月25日(水)18:30
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場
チケット料金:S席8,800円 (U-25:6500円)
チケット発売日:年9月7日(土)

兵庫公演:12月28日(土)13:00、12月29日(日)13:00
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
主催:兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
製作:テレビ朝日、産経新聞、パソナグループ
チケット料金
※未就学児童の入場不可。
チケット料金:8,000円(全席指定・税込)
チケット発売日:9月22日(日)

オフィシャルサイト
https://www.tsukinokemono.com/