竹原ピストル、 先輩・山崎まさよしの胸ぐら掴む! 田中要次・藤野涼子も映画『影踏み』に出演決定

竹原ピストル、 先輩・山崎まさよしの胸ぐら掴む!  田中要次・藤野涼子も映画『影踏み』に出演決定

11月より全国公開される、山崎まさよし主演の映画『影踏み』に竹原ピストルの出演が決定。併せて登場するシーンの場面写真が解禁された。

本作は、『クライマーズハイ』『64』などで知られる大ベストセラー作家・横山秀夫の同名小説を映画化したもの。警察小説が多い横山作品の中では希少な犯罪者側を主人公にした小説で、通称「ノビ師」と呼ばれるスゴ腕の泥棒が、探偵さながらに事件と封印された過去を解き放つ、異色の犯罪ミステリーだ。

映画『永い言い訳』以来3年振りの映画出演となる竹原が演じるのは、山崎扮する修一の幼馴染にして、修一の犯行現場に居合わせ、逮捕する刑事・吉川聡介。解禁されたのは、竹原の事務所の先輩でもある山崎の胸ぐらを掴むという一触即発の場面写真。幼馴染から刑事と犯罪者の関係になってしまった二人は、この後どのような関係に発展していくのか注目だ。

また、竹原に加え、実力派俳優の田中要次と、映画『ソロモンの偽証』(15)で主演を務めた藤野涼子の出演も決定した。

【STORY】
真壁修一は深夜に忍び込んで泥棒を働く「ノビ師」。彼には15年前母親が起こした無理心中で死んでしまった双子の弟・啓二がずっと棲み付いている。双子で一人の女(ヒロイン・久子)を愛してしまったゆえに歪んだ関係を保ち続ける二人。そんな修一に幼馴染の刑事の変死、久子に迫るストーカーと事件がふりかかる。ある時は憎み、ある時は愛した兄弟への思いを軸に久子との恋、また謎の女・葉子の存在が絡み事件は思わぬ方向に進んでいく・・。

作品紹介

『影踏み』
11月全国ロードショー

出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海 鶴見辰吾 滝藤賢一 中村ゆり 中尾明慶 下條アトム 根岸季衣/大竹しのぶ
原作:「影踏み」(祥伝社刊)
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵 
主題歌:山崎まさよし
プロデューサー:松岡周作
制作:ドラゴンフライ
配給:東京テアトル
©2019 「影踏み」製作委員会

オフィシャルサイト
https://kagefumi-movie.jp

『影踏み』原作

©「祥伝社」