渡辺裕之、松尾 諭、佐伯大地、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で大泉 洋の敵チーム陣営として出演

渡辺裕之、松尾 諭、佐伯大地、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で大泉 洋の敵チーム陣営として出演

大泉 洋が主演を務める、7月スタートのTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に渡辺裕之、松尾 諭、佐伯大地の出演が決定した。

原作は池井戸 潤の同名小説で、今夏刊行予定の書き下ろしの新作。映画『七つの会議』をはじめ、「半沢直樹」シリーズ、『陸王』「下町ロケット」シリーズなど数々のヒットドラマの原作となる小説を生み出してきた池井戸の新作が早くも映像化される。

主人公で、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人を演じるのは大泉 洋。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。加えて、成績不振と巨額の赤字にあえぐ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務させられることに。本作では、そんな出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが描かれる。

そして、今回出演が発表された3人が演じるのは、アマチュアリーグ「プラチナリーグ」に王者として君臨する「サイクロンズ」の名将・津田三郎監督(渡辺裕之)、GM・鍵原 誠(松尾 諭)、エースにして日本代表のスタンドオフを務める富野賢作(佐伯大地)。サイクロンズは、君嶋がGMを務めるアストロズがプラチナリーグ一部の残留争いに明け暮れる一方、毎年優勝争いを続けているチーム。常にラグビー界の中心にいるサイクロンズは、アストロズがリーグ優勝するための最大の壁であり最強の敵でとなる。

そして、津田はアストロズの監督になる柴門(大谷亮平)とも因縁があり、まさにアストロズの前に立ちふさがるラスボス。重厚な企業ドラマである、本作のもうひとつの顔がラグビーパートだが、最強チームに弱小アストロズは下克上を成し遂げることができるのか!?

【渡辺裕之 コメント】
池井戸小説ファンであるとともに池井戸潤原作×福澤克雄監督×伊興田英徳プロデューサーの最強コンビ言わば「福澤組」に憧れてもいた自分にとって今回の出演は決まった時の興奮が未だ止まない程の喜びです。原作と台本を持ち歩き読み返し読み比べ深く細かい役作りを心掛けて現場に臨んでいます。長年の俳優歴で居慣れている筈なのに現場は初めて経験するような新鮮さと心地良い緊張感があります。福澤監督の演出のもと強豪「サイクロンズ」の監督津田三郎役。宿敵としての存在感を最適の位置で持ち得る総てを注ぎ演じる決意です。

【松尾諭の コメント】
池井戸先生の作品は、どれも体の底から熱くなり、胸がすくような気持ちの良いものですが、「ノーサイド・ゲーム」はさらに熱く、現場の熱量もさらに高いです! 最後にはお茶の間の皆様と一緒に燃え尽きる事のできる作品になると思います。

【佐伯大地 コメント】
憧れの日曜劇場、池井戸先生の作品に初めて参加できることをとても嬉しく思います。そして、日本でラグビーか注目されている今、富野という芯の強さを持ったサイクロンズのエースを演じられることに喜びを感じるとともに、身の引き締まる思いです。ラグビー選手に近づくよう、オーディションから数ヶ月、練習を重ね、大きな身体作りをしてきました。アストロズの最強の敵として、熱い戦いを届けられるよう、精一杯演じます。

【伊與田英徳(プロデューサー)コメント】
アストロズに立ちはだかる最大のライバルとして、魅力溢れる俳優の皆様に集結して頂くことができました。

渡辺裕之さんは、演技はもちろんですが、肉体的にも憧れていた役者さんで、今回ご一緒できて嬉しく思います。グランドに立ったときのオーラはまさに“ラグビー界の名将”そのもので大変驚かされました。松尾諭さんは、笑顔がとてもいやらしく、主人公の君嶋に立ちはだかるライバルチームのGMとして、こんなうってつけな方がいたのかと思うほどでした。ラグビーの経験もあられるそうで、裏方ではありますがリアリティのある演技が楽しみです。佐伯大地さんは、初めてオーディションでお会いした時、優しい目の奥に闘志を感じる俳優さんだと感じました。このドラマに対して強い意気込みを持ってくださっている佐伯さんが演じる富野賢作というキャラクターが、どう成長していくのか期待しています。

この“手強い”サイクロンズの俳優陣と大泉さん率いるアストロズが一体どんな戦いを繰り広げていくのか、皆様ご期待下さい!

作品情報

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』
2019年7月スタート 毎週日曜よる9時~9時54分

出演:大泉 洋 松 たか子 中村芝翫 上川隆也 笹本玲奈 大谷亮平 ほか
製作著作:TBS
原作:池井戸 潤「ノーサイド」(今夏刊行予定)
脚本:丑尾健太郎 ほか
演出:福澤克雄 ほか
プロデューサー:伊與田英徳 ほか