映画『チャイルド・プレイ』チャッキーによる惨劇を予感させる場面写真が一挙解禁

映画『チャイルド・プレイ』チャッキーによる惨劇を予感させる場面写真が一挙解禁

7月19日(金)に日本公開される、映画『チャイルド・プレイ』の場面写真が一挙解禁となった。

公開された場面写真は、アンディ(ガブリエル・ベイトマン)が母親のカレン(オーブリー・プラザ)からプレゼントされたカスラン社製のバディ人形と初めて対面するシーンや、アンディとチャッキーがボードゲームで遊んでいるシーンなど切り取ったもの。チェンソーと斧のような武器を持ち警戒しているアンディの姿など、不穏な様子を感じさせるものもあり、“死ぬまで親友”とアンディを慕うはずのチャッキーが、なぜアンディやその周りの人々を恐怖に陥れることになるのか、本編の展開が気になるものとなっている。

なお、本作の製作を務めたセス・グレアム・スミスは、チャッキーという戦慄のキャラクターを現代に蘇らせた理由について、「またやるのには、理由が必要だ。その理由は、今の文化の中に存在すべきなんだ。1988年、オリジナルの映画が公開された時、まだインターネットがなかった。アレクサはなかった。グーグル・ホームやSiriとか、そういったものはなかった。AIはなかったんだ。僕らは、もしこれを、僕らのコンパニオン、ヘルプ、友達であるはずの機器が、同時に僕らを傷つけたり、スパイしたり、殺したりすることが出来るという文化に対する恐れにすることが出来ればどうだろうかと考えた」とコメント。

1作目の全米公開以降、その“怖カワ“な魅力からアイコン的な人気を獲得し、30年を経て、今度は高性能のAI人形として世界をさらなる恐怖に陥れているチャッキーの惨劇を、ぜひ劇場で目撃してほしい。

場面写真

 

作品情報

『チャイルド・プレイ』
7月19日(金)、全国公開

監督:ラース・クレヴバーグ
製作:セス・グラハム-スミス、デヴィット・カッツェンバーグ(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』)
脚本:タイラー・バートン・スミス
出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー
全米公開:6月21日(金)
原題:CHILD’S PLAY
配給:東和ピクチャーズ
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing
CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

オフィシャルサイトhttps://childsplay.jp