藤原竜也の本領発揮! 映画『Diner ダイナー』名台詞「俺はここの王だ!」が生まれるまでのメイキング映像解禁

藤原竜也の本領発揮! 映画『Diner ダイナー』名台詞「俺はここの王だ!」が生まれるまでのメイキング映像解禁

7月5日(金)に全国公開される、映画『Diner ダイナー』のメイキング映像が解禁となった。

蜷川実花が映像化不可能と言われた平山夢明の原作小説『ダイナー』を映画化した本作は、ヒロインの玉城ティナ以外、主演の藤原竜也をはじめ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤 工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗 旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちが、全員“殺し屋”役で出演。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメントだ。

今回解禁されたのは、藤原竜也が演じる主人公・ボンベロが放つ「俺はここの王だ!」というインパクト絶大な台詞のメイキング映像。台本上では至ってシンプルな台詞として記載されているが、藤原と蜷川監督の手にかかれば、この台詞が一度聞いたら忘れられない名台詞へと変貌する。蜷川監督はこの台詞の撮影時、複数のパターンを撮るようにしていたらしく、藤原はそのスタイルに対して「撮った芝居をOK、もしくはキープしてもう一つ、もう1カット、異なる感情のものを撮る、というのが多かったです。実際にどのカットをチョイスするかは監督が繋げてみてジャッジするのですが、僕としては新鮮で楽しく、何度も違うアプローチでチャレンジさせてもらいました」とコメント。

蜷川監督も、「“俺はここの王だ! ”という台詞は、作品の方向性を決める大事なセリフなので、何パターンも撮っていて。もっと変わったパターンをやってみようかとか、あと一つなにか足すとどうなるんだろうと欲張りながら撮影をしているうちに、あんなすごいのが出てきて。結果、一番振り切れてるものを使ってるんですけれど、そういう相談しながら挑戦できたっていうのがすごく大きかったと思います」と、作品の方向性を決定づける名台詞誕生の裏側を明かした。

また、SNS上でも予告解禁当初からこのインパクトのある台詞が話題になっており、「台所に立つたびに『俺はここのぉ〜〜王だッッッ』ってダイナーの藤原竜也の真似をしてしまう」、「映画『ダイナー』予告編の藤原くんのセリフ『俺はぁぁぁぁぁ! ここのぉぉぉぉぉ!  王だ! 』が最高最高最高すぎて何度観ても飽きないし、もう今もすぐにでも観たい状態だし、観たすぎてこのセリフ自分でぶつぶつ呟いてしまう。」、「俺はあああああここのぉぉおお王だ! って癖強いけど引き込まれる感じの演技やっぱ流石!」など、真似をする人やその演技に引き込まれる人が続出。そんな名台詞への道のりを映したメイキング映像は必見だ。

【STORY】
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

作品情報

映画『Diner ダイナー』
7月5日(金) 全国ロードショー

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
出演:藤原竜也 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗 旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オフィシャルサイトdiner-movie.jp

『DINER ダイナー』コミック