斎藤 工、永野、SWAY、清水康彦監督登壇。映画『MANRIKI』プチョンのワールドプレミア上映会レポート

斎藤 工、永野、SWAY、清水康彦監督登壇。映画『MANRIKI』プチョンのワールドプレミア上映会レポート

11月29日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開の映画『MANRIKI』。6月29日に第23回プチョン国際ファンタスティック映画祭「World Fantastic Red」にてワールドプレミア上映が行われ、斎藤 工、永野、SWAY、清水康彦監督が上映後の舞台挨拶を行った。

プチョンでのワールドプレミアが決定した際に、永野は「この作品は私の心を映した鏡であり私の目から映った景色です。それに共鳴した仲間で心から楽しんで作りました。この映像と音と役者さんたちのパフォーマンスを思いっきり楽しんでもらえたら幸いです。あなたにとってこの映画鑑賞がハッピーな体験になることを祈ってます!」とコメントを発表。

そして、プチョン・CGV Sopoongの満席となった劇場で本編が上映。ワールドプレミアとなったチケットは発売後、即完だった。

映画祭プログラマー、キム・ボンソクは、映画『MANRIKI』について下記のコメントを発表している。

In an age where the value of a human is based on their beauty, some people try to create a new self through the use of plastic surgery. Manriki does the procedure for them, but he pursues his own aesthetic value. Takumi Saitoh takes a unique path as a model and actor with his grotesque yet jovial performance as a killer. (KIM Bong-seok)

“外見がその人の価値を決めるベースとしてみられる時代において、美容整形で自分を変えようと試みる人も少なくありません。本作では、万力がそのツールとして使われているが、一方で独自の歪んだ美的価値を追い求めている。本作で斎藤工は、モデル・俳優として、グロテスクだがどこか陽気な殺人者というユニークなキャラクターに挑戦している(キム・ボンソク)”

上映後、斎藤 工、永野、SWAY、清水康彦監督が舞台挨拶に登壇。永野は自身のネタを披露し会場沸かせた。

そして一人一人韓国語で挨拶したあと、斎藤 工から「このプロジェクトは、ここプチョン、そしてシッチェス、日本だとゆうばりをめがけて作った気持ちがあります。僕はファンタ映画、いわゆるジャンル映画に救われて、俳優人生を導いてもらったと思っています。プチョンに帰ってくるべき作品で帰ってこれたと思っています」と挨拶。

そしてティーチインが始まり、男性から「永野さんはすごく有名な芸人さんですが、この映画では作家としても参加しています。この映画を作ったきっかけを教えてください」という質問に対し、「僕が、日本のあるファッションショーのゲストに呼んでいただいたときに、ファッションモデルは体型も綺麗な人たちなのですが、舞台袖に、“小顔になれるプリクラ”とか、“小顔矯正”とかがあって、それを見た時にちょっとショックで、その夜に呼ばれたパーティにちょうど斎藤 工くんがいて、そんなに顔を小さくしたいんだったら、図画工作の授業のときにあった“万力”で潰したら手っ取り早いんじゃないかという話をして。僕が酔っ払った勢いで、それを映画にしようよ。という話しをしたら、まさか次の日に、“その映画、どうしていきましょう。”と連絡があって、そこから始まりました。それが3年前です」と語った。

続いて女性から、「この映画の中の斎藤 工さんが、表現やナレーションなど、神的に見えたのですが、いかがですか」という質問があり、監督が「たしかに、この映画にとっては神かもしれません。僕らが言いたいことを代弁してくれた男なんです」とコメント。さらに「永野さんの車の中のシーンで、“私ね、この世界は妄想で出来てると思うの”というセリフがあるのですが……」とラストに繋がるまでの作品で描かれた“現実”“妄想”“理想”といった世界観の話しに……。

さらに永野が「冒頭は美容の“万力”の話しなのですが、斎藤 工くんが演じている役は、僕の気持ちだったりしまして、生きてる中で、隅っこで生きてきた人間なので、妄想の中では好きにやる、というのがあるのですが、1つ1つのシーンや、登場するシチュエーションなども、変にカッコつけた意味ではなく、ただただ“翼はかっこいい”とか僕のリアルな妄想のなかでのものです」と語った。



さらに男性から、「本当に不思議な映画で、異常すぎる作品だと思ったのですが、撮影はいかがでしたか?」という質問に対し、永野が「自分の中で、初めてというくらいストレスがなく、ずっと“楽しい、楽しい”だった。自分の世代でいうと “辛くて良いものが生まれる”という教育があったので、こんなに楽しくていいの? という不安があったのですが、でも、結果的に楽しくて理想以上のものができたので自分的にはすごいハッピーでした」と述べた。

さらに斎藤から「あるシーンで、僕が大福饅頭を口に詰めるシーンがあるのですが、それは神野三鈴さんの差し入れでした。その差し入れが、手に白い粉がついて、そこからイメージが広がって、それを口に詰めるアイテムとして監督に相談して使わせていただくことになりました。実際、永野さんが僕の喉の奥の奥まで詰めてきて、本当に苦しかったシーンです」と話すと、永野から「映画で死んだら伝説になるかな、と思って。本気で殺そうと思いました(笑)」と会場を沸かせる一幕も。

そして、男性からSWAYに対して、「SWAYさんは、音楽活動もされていますが、キャスティングされた理由を教えてください」の質問に対し、SWAYから「日本でヒップホップをやってるのですが、俳優は6、7年やらせていただいていて、MANRIKIではヒモの役だったので、50代の女性をどうやって騙すか、お金をもらうにはどうしたら良いのか、今回の作品をきっかけに真剣に考えました(笑)。もちろん役の中でですよ(笑)」と会場を沸かせた。

そして最後に斎藤から、「日本のこういったジャンル映画は、日本国内ではどこに置き場があるのが、疑問視される傾向にあります。でも、この映画は、永野さんの奥底にある、暗くてギラついた、美しい世界があって、これぞ映画だと思い、清水監督の才能と、太陽みたいなSWAYさんと、ほかの仲間と、この映画を作り、僕らのやりたことが全部詰まった作品ができたことに一映画ファンとしてとっても満足しています。ただ、映画はお客様が決めるものだと思ってまして、今日観た映画『MANRKI』という作品を厳しく評価してください。今日は、『MANRIKI』にとって特別な日に見に来てくだっさいましてありがとうございました」と挨拶で締めくくった。

<上映後の観客の感想>

さらに、永野と清水監督は、上映後、映画を観た観客から直接感想を聞き、韓国の映画ファンたちとコミュニケーションをとった。

「演出とか独特で個性的で、とても面白かった。韓国でもこういうジャンル映画が多くあるので、とても面白く観させていただきました」

「実は私は斎藤工さんに会うために観に来ました。ただ映画は、思ったより怖くなかったし、いろんなことを教えてもらえた感じがしました」

「プチョン映画祭は毎年観にくるのですが、最近の日本映画は、アニメか原作ものが多くて、でもこの作品は個性的なオリジナリティがある作品でとても良かったです」

「斎藤工さんのファンだったのですが、今回有名な芸人さんとやるということで、これは観なきゃいけないな、と思ったのですが、予想したものとはだいぶ違って最初はちょっとショックもあったのですが、永野さんだからということもあってか、笑いもあって、だんだん楽しめました。永野さんの次の作品も楽しみにしています!」

と集まった映画ファンたちの心を掴んでいた。

作品情報

『MANRIKI』
11月29日(金)シネマート新宿ほか全国順次公開

企画・プロデュース:齊藤 工 永野 
原作・脚本:永野 
主演:斎藤 工
出演:永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴 ほか
音楽監督:金子ノブアキ  
監督・脚本・編集:清水康彦
制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ
©2019 MANRIKI Film Partners

オフィシャルサイト
crush-them-manriki.com
オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/manrikimovie/
オフィシャルTwitter
https://twitter.com/manrikimovie