岸井ゆきのが恋愛体質なOL(『愛がなんだ』)からパンクなお姉さん(『いちごの唄』)に変身! 映画『いちごの唄』本編映像解禁

岸井ゆきのが恋愛体質なOL(『愛がなんだ』)からパンクなお姉さん(『いちごの唄』)に変身! 映画『いちごの唄』本編映像解禁

7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる、映画『いちごの唄』の本編映像が解禁された。

本作は、銀杏BOYZの峯田和伸と、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などを手掛けた脚本家・岡田惠和の共著による同名小説を映画化したもので、銀杏BOYZの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに生まれた青春ラブストーリー。主人公の二人を演じるのは、古舘佑太郎と石橋静河。共演は宮本信子、和久井映見、光石 研と日本映画に欠かせない実力派俳優陣のほか、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里ら大ブレイク中の人気若手俳優も集結している。

解禁されたのは、コウタ(古舘)のアパートの隣室に住んでいるパンク好きのお姉さん・アケミを演じた岸井の本編映像。強気な性格のアケミと、タジタジになるコウタの、ふたりの不思議な隣⼈関係を垣間見ることができる。

本作をいち早く鑑賞した⼈からは、「『愛がなんだ』でマモルが恋するサバサバとした性格の“すみれ”のようだ」という声や、「『愛がなんだ』を観た後だとテルコのアフターストーリーみたいにもみえて⾯⽩い」という声も挙がっている。

本作は、誰もが経験したことのある⼼の傷、切ない気持ち、相⼿を想うがゆえの焦りや不安、苛⽴ち、消せない過去への後悔、前へと進んでいこうとする気持ちが描かれており、恋をしたことのある⼈なら年齢や性別関係なく共感できる部分があるはずだ。

【STORY】
コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。
次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

作品情報

『いちごの唄』
7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:古舘佑太郎、石橋静河 和久井映見 光石 研 / 清原果耶 小林喜日 大西利空 泉澤祐希 恒松祐里 しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑 光 蒔田彩珠 吉村界人 岸井ゆきの / 峯田和伸 宮本信子
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
©2019『いちごの唄』製作委員会

オフィシャルサイトichigonouta.com

『いちごの唄』原作