映画『翔んで埼玉』に続く、埼玉フィーバー到来の予感! 劇場版『パタリロ!』埼玉愛溢れる本編映像解禁

映画『翔んで埼玉』に続く、埼玉フィーバー到来の予感! 劇場版『パタリロ!』埼玉愛溢れる本編映像解禁

6月28日よりTOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショーされている、劇場版『パタリロ!』の本編映像が解禁された。

1978年の連載開始から40年以上も愛され続け、シリーズ累計発行部数2500万部を超える魔夜峰央原作の超人気作品『パタリロ!』。2016年の 2.5次元ミュージカル化に続き、映画化される本作は、舞台のアナログ感、映像化ならではアクションと白組によるVFXが融合し、“見たことはあるけど、観たことのない”パタリロ!ワールドが全開となっている。

解禁されたのは、魔夜が執筆した『翔んで埼玉』に続く、埼玉愛溢れる『パタリロ!』の本編映像。思わず「こんな埼玉は嫌だ!」と声を大にして言いたくなる”埼玉ディスり”は『翔んで埼玉』以来の”埼玉フィーバー”を予感させる。

映像は、「ん? 何だ、キスした口から匂うこのザリガニ臭は! まさか、お前達埼玉県民だなー!」という加藤 諒演じるパタリロの一方的な埼玉イジリで始まり、挙句の果てには埼玉県民特有の伝染病“サイタマラリアン”を力説。

その後、「恐怖ウィルス感染人間サイタマラリアン」というタイトルのプロモ-ション・ビデオが展開され、恐怖におののき逃げ惑うタマネギ部隊と埼玉県民の前に現れたのは、”深谷ネギ”をかじり迫ってくるゾンビ達。ただ、ゾンビは”埼玉県民”に噛みつくのではなく、”深谷ネギ”に噛みつくという、誰も傷つけない埼玉県民愛溢れる地ギャク(自虐)ネタが展開。そして実は、埼玉県唯一のロケ地として春日部市役所も登場する。

加藤 諒のインタビュー記事はこちら

加藤 諒 “世紀のハマり役”=パタリロが映画館に降臨! こんな映画見たことがない!?  『劇場版パタリロ!』ついに公開!

加藤 諒 “世紀のハマり役”=パタリロが映画館に降臨! こんな映画見たことがない!? 『劇場版パタリロ!』ついに公開!

2019.06.27

【STORY】
常春の国マリネラ王国の皇太子パタリロ・ド・マリネール 8 世が、側近のタマネギ部隊を引き連れて大英帝国にやってくる。パタリロの前に現れたのは、ボディガードを任命されたバンコランと、謎の美少年記者マライヒ。権力争いで命を狙われているパタリロを中心に、美少年たちの耽美な世界が繰り広げられる。やがて舞台はマリネラ王国、銀河系宇宙、埼玉県春日部、バンコランの過去にタイムスリップなど、時空を超えて縦横無尽に駆けめぐるのだが……。

作品情報

劇場版『パタリロ!』
TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開中

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社刊)
監督:小林顕作
監督補:小泉宗仁
脚本:池田テツヒロ
音楽:小林顕作
撮影:伊集守忠
照明:酒井隆英
舞台照明:坂本明浩
衣装デザイン:朝月真次郎
美術:片平圭衣子
ヘアメイク:堀川貴世
振付:足立夏海 平原慎太郎

出演:加藤 諒/青木玄徳 佐奈宏紀/細貝 圭 金井成大 石田 隼 吉本恒生 三津谷亮 小林亮太/松村雄基 近江谷太朗 木下ほうか 池田鉄洋/須賀健太 鈴木砂羽/魔夜峰央/西岡德馬/哀川 翔 ほか

配給:HIGH BROW CINEMA
©魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

オフィシャルサイト
https://patalliro-themovie.jp/


『パタリロ!』原作コミック