人類はAIによって命の選別をされる。 大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典ら豪華キャスト競演作『AI 崩壊』特報解禁

人類はAIによって命の選別をされる。 大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典ら豪華キャスト競演作『AI 崩壊』特報解禁

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠監督と北島直明プロデューサーが再ダッグを組む、映画『AI 崩壊』の特報とビジュアルが初解禁された。

完全オリジナル脚本となる本作の舞台は、2030年の日本――医療・金融・交通・セキュリティなど、AIが国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている“AI社会”。そんなある日、信頼していたAIが暴走、日本中を巻き込む、想像を絶する大惨事が発生する――。

解禁された映像の冒頭には、不穏な雰囲気が漂う東京タワーの夜景をバックに「2030年、人類はAIによって命の選別をされる。」という衝撃的な文字が映し出される。今から約10年後、AI(人工知能)が国民の生活に欠かせない存在となった2030年を舞台に、突如として暴走したAIが全国民のスマートフォンなどのデジタルデバイスによって日々蓄積される検索履歴や趣味趣向の情報、行動データに加え、年齢、遺伝子情報、病歴、犯罪歴、納税額などの膨大な個人情報を分析し、「生きる価値がある人間」と「生きる価値が無い人間」を選別し、殺戮を開始するという、本作の衝撃的な内容が明らかになる。

大沢たかお演じる天才科学者で画期的なAIの開発者の桐生浩介。そして、賀来賢人が演じる桐生の義理の弟で桐生が開発したAIの管理・運営をしている西村 悟、岩田剛典が演じる警察庁のエースで若き管理官の桜庭 誠、広瀬アリスが演じる警察庁の刑事・奥瀬久未、三浦友和が演じる定年間近で所轄のベテラン刑事の合田京一らが、桐生とどのように関わってくるのか――? 続報にも注目だ。

映画『AI 崩壊』は、2020年1月31日(金)全国公開 。

作品情報

『AI 崩壊』
2020年1月31日(金)全国公開 

出演:大沢たかお 賀来賢人 広瀬アリス/岩田剛典 髙嶋政宏 芦名星 玉城ティナ 余 貴美子 三浦友和
監督・脚本 入江悠
企画・製作幹事:日本テレビ
制作プロダクション:クレデウス
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2020 「AI崩壊」製作委員会