生田絵梨花、神木隆之介ら出演舞台『キレイ』のメインビジュアル解禁! 出演者8名の撮り下ろしビジュアルも

生田絵梨花、神木隆之介ら出演舞台『キレイ』のメインビジュアル解禁! 出演者8名の撮り下ろしビジュアルも

12月より、Bunkamuraシアターコクーンにて4度目の上演が決定した、舞台『キレイ―神様と待ち合わせした女―』のメインビジュアルが解禁。あわせて、出演者8名の撮りおろしビジュアル、総勢37名のキャストと全公演日程が明らかになった。

本作は2000年に大人計画主宰である松尾スズキ・初の本格的ミュージカルとして、Bunkamuraシアターコクーンにて初演。戦争・民族紛争・少女監禁といった、独特な設定やストーリーを松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えた舞台作品だ。そして今回、主人公・ケガレ役を演じるのは、乃木坂46の生田絵梨花。そのほか神木隆之介、小池徹平、麻生久美子や、大人計画の阿部サダヲら豪華俳優陣が出演する。

なお、公開されたメインビジュアルは2005年の再演、2014年の再再演に引き続き寺田克也の描き下ろしとなっている。

公演情報

Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019+大人計画『キレイ―神様と待ち合わせした女―』
【東京】12月4日(水)~29日(日)Bunkamuraシアターコクーン
【福岡】2020年1月13日(月・祝)~19日(日)博多座
【大阪】2020年1月25日(土)~2月2日(日)フェスティバルホール

【STORY】
三つの国に分かれ、100年もの間、民族紛争が続く“もう一つの日本”。その争いのさなか、民族解放軍を名乗るグループに誘拐され、監禁されていた少女が、10年ぶりにソトの世界に脱出する。すべての過去を忘れた少女は自ら“ケガレ”と名乗り、ダイズでできている兵士“ダイズ兵”の死体回収業で生計を立てているキネコたち“カネコ組”と出会い仲間に加わる。回収されたダイズ兵を食用として加工するダイダイ食品の社長令嬢・カスミと奇妙な友情で結ばれていくケガレ。戦場をうろつき、死体を拾って小銭を稼ぐ、そんな健気なケガレを見守るのは成人したケガレ=ミソギだった。死ぬことに憧れつつもなかなか死ねないダイズ兵のダイズ丸、頭は弱いが枯れ木に花を咲かせる能力を持つハリコナ、誘拐・監禁することでしか女性と一緒にいられないマジシャンらと出会い、過去、現在、未来が交錯する時間のなかで、ケガレは忘れたはずの忌まわしい過去と対決することになる。

出演:生田絵梨花、神木隆之介、小池徹平、鈴木 杏、皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々、伊勢志摩、猫背 椿、宮崎吐夢、近藤公園、乾 直樹、香月彩里、伊藤ヨタロウ、片岡正二郎、家納ジュンコ、岩井秀人、橋本じゅん、阿部サダヲ、麻生久美子、齋藤桐人、藍 実成、佐山太一、高瀬育海、西田健二、畑中 実、深堀景介、藤岡義樹、森山晶之、りんたろう、五島百花、エリザベス・マリー、中根百合香、飯嶋あやめ、植村理乃、古清水愛奈、原 梓

作・演出:松尾スズキ
音楽:伊藤ヨタロウ
音楽監督:門司 肇
美術:池田ともゆき
照明:大島祐夫
音響:山本浩一
衣裳:戸田京子
ヘアメイク:宮内宏明
映像:上田大樹
振付:振付稼業air:man
歌唱指導:亜久里夏代
演出助手:大堀光威
舞台監督:二瓶剛雄
宣伝イラスト:寺田克也
宣伝美術:榎本太郎
宣伝写真:尾嶝太
宣伝スタイリスト:森 保夫
宣伝ヘアメイク:西岡達也
宣伝協力:る・ひまわり
チーフ・プロデューサー:加藤真規(Bunkamura)、長坂まき子(大人計画)
主催/企画・製作:Bunkamura、大人計画

【チケット】
料金(全席指定・税込):
・S席 12,000円
・A席 9,000円
・コクーンシート 5,500円
※コクーンシートは特に鑑賞しにくい席。
チケット発売日:10月5日(土)10:00
※発売初日のみ、1回の受付につき2枚までの枚数制限あり。
※10月6日(日)以降の取扱いは、残席がある場合のみ。
※車椅子スペースには限りあり。車椅子で観劇する方は座席指定券を購入のうえ、早目にBunkamuraへ連絡を。また、座席で観劇の場合も当日スムーズに案内するため、公演日前日までに購入席番をBunkamuraへ連絡を。
※未就学児童の入場は不可。
※営利目的でのチケットの購入ならびに転売は禁止。

『キレイ―神様と待ち合わせした女―』オフィシャルサイト
http://otonakeikaku.jp/stage/2019/kirei/index.html