『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像が公開された“0706作戦”フランス、日本6会場のオフィシャルレポート到着

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像が公開された“0706作戦”フランス、日本6会場のオフィシャルレポート到着

2020年に公開される『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の“0706作戦”と題して、7月6日にパリ・ロサンゼルス・上海・札幌・東京(2カ所)・名古屋・大阪・博多で、『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』の世界上映が開催。

この度、各地での本イベントの実施レポートが到着したので、その模様をお届けする。

フランス・パリ編(Japan Expo)

「Japan Expo」は、2000年からフランス・パリやマルセイユ、アメリカのサンマテオなどにて開催されている日本文化の総合博覧会。日本国政府も認める世界最大規模の日本ポップカルチャーイベントだ。

また、今回ステージは高橋洋子の歌唱、緒方恵美の登壇、そして『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特別映像の上映が行われるということで、イベントは会場キャパシティを超えて、立ち見も出るほどの大盛況。キャラクターのコスプレを来場する人たちの姿も散見される中、高橋が主題歌「残酷な天使のテーゼ」を披露すると、言語の壁を越えて、日本語で会場は大合唱。全体が手拍子でリズムをとったり、「かわいい!」「ブラボー!」といった歓声を上げる人も。そんな熱い海外のファンの熱気を一身に浴びた高橋は、その盛り上がり様に満面の笑みを浮かべた。

ライブを終えると、緒方が登場し、自身が演じる主人公・碇 シンジの声で「ボンジュール」とあいさつすると、来場者たちは大興奮! 二人は「ひとつひとつ丁寧に作っていただいている作品です。きっと観たことのない映像が出来上がると思います」(緒方)、「こんなに沢山の皆さんがエヴァンゲリオンをとても大切にして下さって、私も主題歌を歌わせていただいてとても嬉しくおもいます」(高橋)と、作品への期待とファンへの感謝を込めたコメントを述べた。さらに、緒方が「放送開始から24年経つ訳ですが、24年前からエヴァを見てるという方はどれくらいいますか?」と尋ねると、会場ではほぼ全員が挙手。熱狂的なファンとともにイベントは更なる盛り上がりを見せる。

そして、総監督からのサプライズメッセージ映像が上映されるとまた再び歓声が。突然のレジェンド登場に加え、総監督の口から本作にパリが登場することが明かされると、喜びと驚きでパニック状態に。総監督のコメントに対して大きな拍手が鳴りやまぬ中、一同大合唱のカウントダウンと共に本編最新映像の上映が始まり、エッフェル塔が映し出されると大歓声、そしてパリの町並みが映し出されるとガッツポーズをする人も。その後映像が進むにつれて、場内の空気は一転、ファンたちは一秒たりとも見逃さまいと真剣な眼差しをスクリーンへと向け静まり返る本編最新映像の上映が終了すると、スクリーンにはフランス・エッフェル塔が描かれたティザービジュアルが映し出され、大歓声&割れんばかりの拍手が再び上がった。

イベント後には場内のエヴァストアにも多くの人が。来場者たちは「パリを舞台にした話ということで、フランスのエヴァファンにとっても最高だよ」「公開が待ちきれない!」「フランスに来てくれてありがとう!」と今回のイベントを興奮気味に語っていた。

【庵野秀明総監督コメント】
フランスの皆さんボンジュール、庵野秀明です。今回はパリに行くことができず、本当に、本当に残念です。行きたかったのですが、色々とまだ日本でやることががたくさん残っていまして申し訳ありません。次回チャンスがありましたら、ぜひとも訪れたいと思います。

パリは昔からの友人の鷺巣詩郎さんが年の半分はお住まいになっていて、その縁もあって何度かお邪魔しています。パリの街の美しさはいつ行っても素晴らしと思います。空の素晴らしさ、街の外観の素晴らしさ、そして河の流れる雰囲気がすごく良いんです。パリは大好きな街なので、できれば『エヴァ』の舞台にしたいとずっと思っていました。大変な内容になってしまってますけど、パリの街を舞台にエヴァを描くことができて感無量です。特にエッフェル塔が大好きで、ずっと憧れていて初めて登った時は感動しました。昔、自分の作品にもエッフェル塔を舞台にしたこともありましたが、あの頃は取材に行けるような余裕が全然なくて、見よう見まねでしか描けなかったんですけど、今回はなるべくきちんとしたエッフェル塔を描こうと思い、それが叶ってよかったです。終わったらまた遊びに行きたいです。

このイベントは日本でも、ライブで多くの方が見てくれています。遅い時間にありがとうございます。現地の高橋洋子さんと緒方恵美さんもどうもありがとう。わざわざ本当にありがとうございました。日本での公開は2020年です。スタッフ・キャスト一同、全力で制作に臨んでいます。本当に大変なんですけど、2020年の公開に向けて、本当に頑張っていきます。今回はありがとうございました。Merci beaucoup.

東京・新宿編(シネシティ広場)

イベント会場が発表されてからわずか5分も立たないうちに最初の観客が訪れ、そこから30分後には早くも整理券配布を待つ100人もの待機列。発表と同時に会場に駆け付けたファンは「『:Q』の時のイベントと同じじゃないかと読んで、新宿で待機していた」「都内のどこでも移動できるように、新宿で発表を待っていた」などと、それぞれ思い思いに発表を楽しみにしていた様子。そこから会場の発表を受けて続々とファンが集い、13:50には会場は長蛇の列で埋め尽くされ、整理券配布開始の14:00を待たずして待機列の人数が整理券配布予定数に達するまでの賑わいとなった。中には整理券を受け取れないと知るや、即座にまだ整理券の配布が続いている日比谷会場へと急ぐファンも。

そして再集合を待ちきれないファンが続々と集い、入場開始とともに会場は満員に。それぞれエヴァのグッズを手にし、開始を待つ。中には全身エヴァファッションに身を包んだファンも。100人以上の警備に囲まれたその異様な雰囲気を前に、エリア外の一般客もつい足を止め写真を撮っていた。

イベント前に始まった「エヴァニュース」では、徐々にファンの気持ちが高まり、ついに生中継が開始。フランス・パリのJapan Expoの大舞台で熱唱する高橋洋子のステージから始まり、その歌声に聞き入る会場。そして緒方恵美が登場すると、その発言を一言も聞き漏らさんとばかりに一言一句に集中する人々。度々強調される「エヴァンゲリオンが終わる」という言葉には、期待と悲しさを隠しきれない。さらに、サプライズで登場した庵野秀明総監督のビデオメッセージに興奮を隠せない人も。

そして遂に本編最新映像の上映。10秒カウントが始まると会場のファンも自然と声を合わせる。まずPLAY BACK映像から始まると、ファンは自分たちのファンとしての思い出に重ねるようにビジョンに集中し、早くも目に涙を浮かべるファンも。そしてついに『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』が始まると、観客はそこが新宿歌舞伎町とは思えないほど静まりかえり、携帯をかざしつつもただビジョンにくぎ付けに。そして、映像が終わると、大きな拍手の中でイベントが終了。最後に大型ビジョンに映し出されたビジュアルを多くの人が撮影していた。

終了後のファンたちは「とにかく公開が待ちきれない」「映像がカッコよすぎた!」「内容がてんこ盛りで放心状態、感想が浮かばない」「エヴァのために人生があるようなものなので、終わるのは悲しいが、とにかく楽しみ」「まさに新しい“シン”エヴァンゲリオンだと感じた」「オリンピックよりも楽しみで仕方ない」などと、興奮が冷めやらぬ様子で会場を後にしていった。

東京・日比谷編(ステップ広場<東京ミッドタウン日比谷>)

日比谷では、イベント実施会場が発表されてからわずか10分でファンたちが会場に姿を現し、配布開始後約2時間で予定枠が終了。新宿・日比谷共に整理券配布の予定数よりも来場者の数が大きく上回ったため、急遽日比谷会場に追加枠を作ることとなった。その後、再集合し、超満員となった会場は期待で胸を膨らませたファンたちの熱気で異様な空気に。

生中継前に巨大LEDビジョンに「エヴァニュース」が映し出されると、来場者一同、食入るように画面を見つめる。いざフランスとの中継がつながると、高橋洋子の歌唱、そして緒方恵美の登壇に大盛り上がり。更には総監督のスペシャルメッセージが上映が行われ、思わぬサプライズに大興奮していた。

そして、待ちに待った『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ)0706版』の上映に向け会場が一体となって、カウントダウン。総監督によって再編集されたPLAY BACK映像が映し出されると、自身と『エヴァンゲリオン』との想い出を映像と共に振り返ってか、感慨深くモニターを見つめる。そして、遂に“『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ)0706版”の上映がスタートすると、会場は静まり返り、一秒たりとも見逃さまいとする来場者たちの緊張感が場内一体にほとばしる。映像が終わると大歓声&万雷の拍手が巻き起こり、感動の余韻に浸り、高揚感でいっぱいとなったファンたちの数多くは場内から立ちされず、イベント終了後もしばらくファン同士で語り合っていた。

大阪編(グランフロント大阪 うめきた広場)

大阪では、場所詳細が発表されたわずか30分後に、直接問い合わせに来るファンや巨大スクリーンを写真に収めるファン、子供から大人、親子でファンなど、幅広い世代の人々が遠方からも集まり始める。曇天が快晴に変わる13:00頃、炎天下の真下となる会場にはまだ足を踏み入れず、日陰で様子を見守るファン達も多数。エヴァの洋服を身に付けて来場する者、エヴァグッズを持ち寄って会場で眺める者、関連本を読んでいる者と、各々の時間の過ごし方で、イベントスタートを待ちわびていた。

そして、およそ1000人以上が広場に集結。「エヴァニュース」が流れ出すイベント開始30分前、19:45には予想以上のお客さんが押し寄せ、会場外で立ち止まってしまう人も。続々と集まってくる人々に観覧エリアは総立ちで全員が協力し間を詰める。観覧エリア外にもお客さんが観客が集まり、物々しい空気の中、異様な熱気に包まれていた。

ついにフランスからの中継がつながると、大きな拍手が。高橋洋子の歌唱が始まると自然と手拍子を繰り返す。さらに熱気は増していき、緒方恵美の登場に「オー!」と歓声があがり、ボルテージが最高潮に盛り上がるなか、総監督が映像での登場。思わぬサプライズに、会場はそれまでの盛り上がりとは打って変わって、一言一句聞き逃すまいと固唾を飲んで見守る。

そして、いよいよ本編最新映像の上映。多くのファンがビジョンのカウントダウンに声を重ねながら、全員が一斉に携帯・カメラを構えつつ、目はビジョンに釘づけとなっている。あたりは映画館にいるかの様に静まりかえる。

映像が終わり、歓声と拍手の中、イベントは終了。退場する人々は続きが気になって仕方がないといった表情で、思い思いの感想を口にしていた。興奮がなかなか冷めずに、その場を離れず、ポスターを撮影し続ける人も。来場者からのコメントを収録するカメラには自ら感想を語りたいと自然と人が集まった。

名古屋編(アスナル金山 明日なる!ステージ)

実施会場が発表されたわずか30分後にはファンが集まり始め、大規模な会場設営に、何事かと足を止める人もちらほら。400インチという巨大なLEDビジョンを物珍しそうに撮影する通行人の姿も見られた。多くのファンが集まった会場は、曇天にもかかわらず、異様な熱気に。エヴァンゲリオン初号機のパーカーやキャップなどグッズを身にまとった観客も多く見受けられ、開始時間が近づくにつれ、さらに来場者は増え、3階建ての施設を埋め尽くした。

モニターに「エヴァニュース」の放映が開始されると、観客たちの視線が一斉にモニターに向かう。中継開始が間近に迫る中、会場は物々しい雰囲気に。ついに、画面がフランスからの中継映像に切り替わると、歓声が上がり、イベントスタート。高橋洋子が「残酷な天使のテーゼ」を歌い始めると会場からは自然と手拍子が起こった。なかには、嬉しそうに歌詞を口ずさむファンも。高橋の歌で会場に熱気が増してゆくなか、碇 シンジ役の緒方恵美が登場すると今日一番の歓声があがった。緒方の軽快なトークなか、まるで緒方がこの場にいるかのように、自然に観客はコール&レスポンスにも反応。庵野総監督のコメント映像が流れると、一切予告されていなかった思わぬサプライズに、会場からは拍手が巻き起こっていた。

そして、ついに「VTR終わりまで、逃げちゃだめだ!エヴァンゲリオン、発進!」という掛け声ののちに『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ)0706版』が上映。多くのファンがビジョンのカウントダウンに声を重ねるが、カウントがゼロになった瞬間、今までの熱狂とは打って変わって、あたりは一斉に静まりかえった。ビジョンを凝視する人々。携帯をかざしつつも、目はビジョンの釘づけとなっている。驚きの展開の連続に、息をのむ観客たち。

映像が終わると、会場を揺るがすほどの歓声と拍手が巻き起こった。しかし、最後にもう一つサプライズが。本編最新映像の上映が終わってほどなく、ティザービジュアルがモニターに映し出される。全く予想していなかった観客からは、「おぉ~!」と驚きの声が。そうして、イベントは終了。「やばい、まったく予想していなかった…」「公開が待ちきれない」と退場する人々は続きが気になって仕方がないといった表情で、思い思いの感想を口にしていた。

博多編(JR博多駅前広場)

博多では12時に会場が発表され、わずか10分後にはファンが集まり始める。博多駅利用者も大規模な会場の設営に足を止める人々も。この季節の博多駅前広場の象徴とも言える飾り山笠とほぼ同じ高さの縦12m、ワイド16mの巨大スクリーンが立ち上がった際には、驚きとともに「すごい。。。」という声も上がり、飾り山笠とともに写真におさめるファンの姿が見られた。そして、みな今か今かと待ちわびた19:40、MCのアナウンスが流れた瞬間に立ち上がり巨大なスクリーンを見つめるファンたち。

「エヴァニュース」が流れると、携帯を見ていたファンたちが一斉に顔を上げる。高橋洋子のステージから始まった中継では、メロディーに合わせて体を揺らしながら、真剣に聴くファンや、感動のあまり口を両手で抑えながら聴き入る人の姿。緒方恵美の登場で、会場はの期待は高まっていく。真剣な表情で一言一句逃さぬように見つめる人の姿が多く、繰り返される「最後」という言葉では溜息が聞こえた。さらに、サプライズで登場した庵野秀明総監督のビデオメッセージ。饒舌で語る総監督のメッセージの最後では、「だからフランスなんだ…」という声も聞こえた。

MCのカウントダウンの声がどんどんと大きくなり、それ位比例して大きくなる期待。そしてついに始まった『シン・エヴァンゲリオン 劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版』。巨大なスクリーンと爆音で、博多駅前は一瞬にしてエヴァンゲリオンの世界に包まれた。音により体が震え、鳥肌が立ち思わず座り込むファンの姿も。大迫力で映し出された映像に、携帯をかざしていたファンもそっと手を降ろし、静かに見つめる姿も多く見られた。

映像が終わりティザービジュアルが映される中、静かに始まった拍手は次第に大きくなっていく。規制退場のアナウンスが流れる中、誘導に従い歩きながらも、名残惜しそうにスクリーンに映ったビジュアルを撮り続けていた。終了後のファンたちは「カッコ良すぎた」「待ちきれない」「映画館よりも迫力があって、此処で見ることができてよかった」など、興奮と感動がおさまらない様子で博多駅を後にしていった。

札幌編(さっぽろテレビ塔)

観光客や休日を過ごす人でにぎわう大通公園。そのシンボルとも言える「さっぽろテレビ塔」前の会場に設置された巨大スクリーンの前には、日が暮れていくに連れて加速度的にファンが集まり、高い期待が寄せられている様子が伝わる。制服姿の学生や家族連れまで多くの方が押し寄せ、イベントスタート直前になると集まっていた人たちが自然とスクリーン前に。期待と興味に会場が包まれた時、ついにイベントがスタートした。

高橋洋子の楽曲から始まったことで、会場のボルテージは一気に上昇。「FLY ME TO THE MOON」では、メロディーに合わせて身体を揺らして聴き入る人もいた。そしてステージパフォーマンスの余韻も冷めやらぬなか、緒方恵美が登場。アフレコの様子や「これで最後」という言葉には、ため息とも歓声とも言える声が。庵野総監督の話題になったところで、なんと総監督からのメッセージビデオがあるとのサプライズも。

さらにこのタイミングでテレビ塔のライトアップが紫と緑の「エヴァンゲリオン初号機カラー」に切り替えられ、会場はこれ以上ないほどの興奮状態に。そして、ついに世界初公開となる本編最新映像が始まる。スマホを構えつつも、待ち望んだ映像を少しでも見逃すまいと、ファンの視線はスクリーンへと釘付けに。通りすがりの観光客すら足を止めて見入っていた。上映が終わると、自然と拍手が起こり、大きく会場に鳴り響いていた。

上海会場

作品情報

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
2020年公開

総監督:庵野秀明
制作:スタジオカラー
配給:東宝 東映 カラー
製作:カラー

配信情報

スマートフォン向け公式アプリ『EVA-EXTRA』
配信中

仕様:iOS 版、Android 版
動作環境:
iOS 12.0 以降(iPad:互換性対応/Apple Watch:非対応)
Android 6.0 以降対応(watch 系:非対応)
料金:無料

ダウンロード(iOS)
https://apps.apple.com/us/app/eva-extra/id1467872512?l=ja&ls=1
ダウンロード(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.khara.evangelionextra

©︎カラー

『エヴァンゲリオン』オフィシャルサイト
https://www.evangelion.co.jp/