アニメ『はたらく細胞』×ポカリスエット、新カットを追加した第11話「熱中症」のアナザーストーリー第11.5話を無料公開!

アニメ『はたらく細胞』×ポカリスエット、新カットを追加した第11話「熱中症」のアナザーストーリー第11.5話を無料公開!

人間の細胞を擬人化したアニメ『はたらく細胞』の第11話「熱中症」のアナザーストーリーとして、第11.5話「熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」がポカリスエットオフィシャルサイトにて、本日7月8日(月)公開された。

本ムービーは、2018年の熱中症による救急搬送者数が過去最多(※)であったことを受け、熱中症へのさらなる理解と対策を啓発するため、健康飲料・ポカリスエットとTVアニメ『はたらく細胞』のスペシャルタッグにより制作。第11話の危機に陥る体内世界で汗腺センター隊長が雨乞いをするシーンを、“ポカリスエット乞い”をするシーンに変更されているほか、ポカリスエットをモチーフにしたオリジナルの衣装や、体内世界を救いに来た“ポカリスエット戦艦”など、TVアニメ本編にはない本ムービーだけの新規カットを多数追加したオリジナルストーリーとなっている。
※総務省:平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況より

また、本作のため、赤血球役の花澤香菜、白血球(好中球)役の前野智昭、血小板役の長縄まりあ、ナレーションの能登麻美子をはじめとした声優陣が、新規セリフを新たに収録している。

【講談社『はたらく細胞』担当編集コメント】
ポカリスエットと『はたらく細胞』のスペシャルタッグが実現し、とても楽しいムービーになりました。ボトルのデザインを活かして、外部の世界からやってきた宇宙船のような形でポカリスエットを描いているのも、原作漫画の世界観にピッタリだと思います。見どころは、ギャグシーンと製品を両立させていた汗腺の隊長の儀式です。適切な水分・電解質補給で熱中症対策をして、楽しい夏にしてきましょう。

【大塚製薬 担当者コメント】
大塚製薬はポカリスエット発売当初からさまざまなシーンにおける“水分・電解質補給の重要性”の訴求を行ってきました。現在も積極的に、子供や高齢者、職場での労働安全衛生など、さまざまなシーンにおける熱中症対策の情報提供を行っています。今回のコラボレーションを通して、熱中症や水分・電解質補給に関する情報をより多くの方に知っていただき、一人でも熱中症にかかる人が減ることを願っています。

【第11.5話 あらすじ】
うだるような暑さに包まれた体内世界。発汗してもうまく体表冷却できない。異常な血流増加、上がり続ける体温……。体内世界は「熱中症」の危機に陥る。この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?

配信情報

TVアニメ『はたらく細胞』 第11.5話「熱中症~もしもポカリスエットがあったら~」
ポカリスエット オフィシャルサイトにて公開中

【CAST】
赤血球:花澤香菜
白血球(好中球):前野智昭
血小板:長縄まりあ
先輩赤血球:遠藤 綾
白血球(4989):熊谷健太郎
汗腺細胞隊長:江越彬紀
ナレーション:能登麻美子

【STAFF】
原作:清水 茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督・構成・絵コンテ・演出:吉田隆彦・三室健太
キャラクターデザイン:吉田隆彦
アニメーション制作:david production

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ポカリスエット オフィシャルサイト
https://pocarisweat.jp/hs/

アニメ『はたらく細胞』オフィシャルサイト
https://hataraku-saibou.com/