三浦春馬&比嘉愛未、娘役の稲垣来泉に首ったけ! ドラマ『TWO WEEKS』制作発表会見に主要キャスト集結

三浦春馬&比嘉愛未、娘役の稲垣来泉に首ったけ! ドラマ『TWO WEEKS』制作発表会見に主要キャスト集結

本日7月10日(水)、東京シネマシティにて『TWO WEEKS』の制作発表会見が開催。会見には主演の三浦春馬をはじめ、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉(子役)、高嶋政伸、黒木 瞳が登壇した。

冒頭では、本作ではじめて父親役を演じる三浦春馬が挨拶。「毎日が自分の演じたことない感情との出会いの日々です」と語り、その戸惑いも楽しみながら演じていること明かした。また、三浦春馬演じる結城大地の元交際相手・青柳すみれ役の比嘉は、稲垣を見ながら「可愛い娘に日々癒されています(笑)」とひと言。MCに“毒蛇のような笑み”と紹介された、本作で悪役を演じる高嶋は「撮影中は人の道ではなく、“蛇の道”を生きていこうと思います」とうまく返し、会場は笑いに包まれた。

トークが撮影の話へと移ると、三浦春馬は本作が逃亡劇ということで「毎日走っています」と、ハードな現場であることを紹介。今のところはほぼ一人で苦しい感情と向き合う撮影が続いているそうで、昨日久々にほかの出演者と会って芝居をしたことについて「それがいかに嬉しかったか」と本音を漏らす場面も。さらに、本作で三浦春馬の娘・青柳はなを演じる稲垣の話になると、「しびれます(笑)」と再び本音が漏れ、一緒に撮った写真を待ち受けにして心の支えにしていると話すと、比嘉が思わず「本当に親バカだよね」とひと言。「実の良心に何と言っていいかわからないんですけど……(笑)」と苦笑いを浮かべるなど、役を越えた子煩悩っぷりを存分に語ってくれた。

続いて、初の検事役という芳根は、自身の演技について「こういう顔をするんだと、自分でも新鮮に思っています」とコメント。彼女と年に1回ペースでよく共演しているという三浦貴大も、そんな芳根を見て「落ち着いた女性の役がこんなに似合う方になったんだな……」と感慨深そうに撮影を振り返っていた。

比嘉は、三浦春馬と同じく稲垣に夢中の様子。いつもは強い女性を演じることが多く、母性が出るのか不安を覚えていたそうだが、稲垣の可愛さに「今は見つめられたらダメです」と明かし、「これは恋なんじゃないか」とさえ思っているそう。現場ではいつも目で追ってしまい、撮影後に別れる際は胸が締め付けられてしまうと、三浦春馬に劣らない子煩悩エピソードを披露した。

そして政治家の役を演じる黒木からは、「大変清く正しい政治家なのですが、水清ければ魚棲まずとも言いますので、今後の展開が気になるところです」と気になる発言が。黒木との共演シーンが多いという芳根も、「これからどういうふうに(二人の)関係が変わっていくかというのも、作品の見どころかと思います」と、自身と黒木の関係も見どころであることを話した。

さらに、イベントでは父親が主人公の本作にちなみ、取材陣から男性出演者に“もし娘ができたら、何をしたいか?”という質問が。これに三浦春馬は、大自然の中で頻繁にはできないことをしたいし、経験したいと回答。三浦貴大は以前、稲垣が腕に掴まってきたことについて触れ「筋トレって大事だなと思いました」と答えた。また、高嶋はディズニーランド、ディズニーシーに行くと提案。3人の案に対して、稲垣は「どれもよかった」と話すも、迷ったすえ高嶋の案がいいと正直に答えると、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

そして、最後は三浦春馬から「この夏一番のスリリングでハートウォーミングなドラマを、お届けできると自負しております。20代最後のドラマ出演になると思うので、20代を懸けて、このドラマを力強くみなさんにお届けしていければと思います」とのコメントをもらい、イベントは終了。

関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『TWO WEEKS』は、7月16日(火)21時より放送スタートとなる。

フォトギャラリー

番組情報

『TWO WEEKS』
2019年7月16日(火)スタート 毎週火曜夜9時 ※初回15分拡大 (カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作:『TWO WEEKS』 (©MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)
出演:三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉  近藤公園 鈴木 仁 バッファロー吾郎A   磯村勇斗 原沙知絵 池田鉄洋  高嶋政伸 黒木 瞳 ほか
脚本:山浦雅大
音楽:木村秀彬
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
演出:本橋圭太、木内健人
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ

【STORY】
結城大地(三浦春馬)は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられる。突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。
一方、月島楓は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、検事の道に進んだ現在も独自に捜査を進めていた。そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかる。逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった…。
はなの手術まで2週間。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる…。そして楓も、協力者の死の真相を確かめ、本来の復讐を果たすため、結城の足取りを追い始める。

ドラマオフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html

ドラマオフィシャルTwitter
@twoweeks_ktv