三吉彩花がモップを片手にエアギター!? 映画『ダンスウィズミー』テンションMAXのソロダンスシーン解禁

三吉彩花がモップを片手にエアギター!? 映画『ダンスウィズミー』テンションMAXのソロダンスシーン解禁

8月16日(金)より全国ロードショーされる映画『ダンスウィズミー』のソロダンスシーンが解禁された。

本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』といった唯一無二のコメディ映画を輩出してきた矢口史靖監督が贈る、ミュージカルに対する「突然歌って踊り出すのっておかしくない?」をテーマにした、奇想天外で全く新しい笑えるコメディ・ミュージカルだ。 

今回解禁されたのは、三吉彩花の「ACT-SHOW」ソロダンスシーン。三吉が演じる、“ミュージカルニガテ女子”ヒロイン・静香は、カラダの異変に気付かず、“イヤフォンで音楽を聞きながら”出勤してしまう。選んだ曲はノリの良い「ACT-SHOW」。ばっちりメイクをし、赤いヒールとブルーのひらひら舞うスカートが素敵なオフィスカジュアルに身をつつみエレベーターを勢いよく飛び出すと、ミュージカルスターのごとく曲にあわせ人目も気にせずステップを踏み始めてしまう。そんな静香は、マンションのエントランススペースに足を踏み入れると、清掃用具が詰まったカートに足をかけ、モップを片手にエアギター!そんなハチャメチャな状況にハラハラドキドキ間違いなしの映像が映し出されている。

ソファーを使ったアクションや、エアギターをかきならす動きが見られるシーンは、三吉にとって最初に撮影したダンスシーンとなった。矢口監督は「振付が変わっても三吉さんはその場で対応してくれて、身体能力が高いと思った」と三吉の抜群の運動神経を絶賛。三吉が努力した成果と高い身体能力が感じられるとともに、物語のはじまりを予感させるワクワク感が満載で明るく心が躍るようなシーンとなっている。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp