『ゲゲゲの鬼太郎』第64話あらすじ&先行カット解禁! 水虎が姿を現す。「約束を果たしに来た」と告げる水虎に翔子は...!?

『ゲゲゲの鬼太郎』第64話あらすじ&先行カット解禁!  水虎が姿を現す。「約束を果たしに来た」と告げる水虎に翔子は...!?

7月14日(日)放送のTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第64話「水虎が映す心の闇」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

第64話「水虎が映す心の闇」

夫が勤めていた会社の倒産をきっかけに、新しい街に越してきた翔子(声:恒松あゆみ)と家族。しかし、その街は鬼久保食品の社長一家が牛耳っていた。慣れない仕事を押し付けられ、社長(声:松山鷹志)になじられる夫(声:金本涼輔)、社長の息子(声:れいみ)とその取り巻きにいじめられる息子(声:川口 桜)。そして翔子もまた社長夫人(声:斉藤貴美子)に苛まれており、いつしか家庭からは笑顔が消えていた。
ある日、翔子は婦人会の会合に向かう。そこで、大勢の人の前で遅刻の件を責められ、土下座を強要される。憎悪を募らせた彼女の絶叫に、呼応するようにして水虎(声:江川央生)が姿を現す。「約束を果たしに来た」と告げる水虎に翔子は…!?

演出:角銅博之 脚本:長谷川圭一 作画監督:小泉 昇 美術:加藤 恵

第64話場面カット

キャラクター情報

水虎(声:江川央生)

水の身体を持つ妖怪。人間の負の感情を反映し虎の姿になるといわれている。

作品情報

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
フジテレビほかにて毎週日曜9:00~9:30放送(一部地域を除く)
4月7日より新章「地獄の四将(よんしょう)編」スタート

【STAFF】
原作:水木しげる
シリーズディレクター:小川孝治
シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

【CAST】
ゲゲゲの鬼太郎:沢城みゆき
目玉おやじ:野沢雅子
ねずみ男:古川登志夫
ねこ娘:庄司宇芽香
犬山まな:藤井ゆきよ
砂かけばばあ:田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ:島田 敏
一反もめん:山口勝平

【主題歌】
OP:氷川きよし「ゲゲゲの鬼太郎」
作詞:水木しげる/作曲:いずみたく/編曲:田中公平
ED:スターダスト☆レビュー「うしみつジャンボリー」
作詞・作曲:根本 要/編曲:佐橋佳幸

【第6期 STORY】
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

【新章「地獄の四将編」STORY】
目玉おやじの茶碗風呂、子泣きじじいや砂かけばばあのかまびすしい会話、ゲゲゲの森ではいつもと同じ穏やかな時が流れているように見える。しかし鬼太郎の様子が何かおかしい…鏡爺と何かを探している素振り。

そんな時、鬼太郎のもとに人間の少年から助けを求める手紙が届く。鬼太郎はさっそく手紙の主に会いに東北へ向かうが、その姿を遠くから見つめる謎の男が…!?

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルサイト
http://anime-kitaro.com/
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルTwitter
@kitaroanime50th

原作コミック

ゲゲゲの鬼太郎