チョ・スンウ×チソン、韓国映画『風水師 王の運命を決めた男』が10月25日に公開決定

チョ・スンウ×チソン、韓国映画『風水師 王の運命を決めた男』が10月25日に公開決定

チョ・スンウ×チソンをはじめとする演技派俳優たちの競演で贈る、壮大な史劇エンタテイメント映画『明堂』(原題:명당)が『風水師 王の運命を決めた男』の邦題で、10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定した。

運気が上がる場所を見極める環境学「風水」のなかでも繁栄の運気が集まっている土地を“明堂(めいどう)”と呼び、その場所を手に入れた者には富と名誉が千年万年も続くといわれている。人相占いの『観相師 –かんそうし-』(13)、相性占いの『ときめきプリンセス婚活記』(18)、そして地相占いの本作『風水師 王の運命を決めた男』(18)は“易学三部作”と称され、国と人の運命が風水によって翻弄されていくドラマが壮大なスケールで描かれる。

天才風水師パク・ジェサンを演じるのは人気俳優のチョ・スンウ。実在した王族・興宣君に扮するチソンは、国を変えながら自分も変わっていく心の機微を巧みに表現。欲に取りつかれた野心家・キム・ジャグンには『インサイダーズ/内部者たち』のペク・ユンシク。その息子には『悪いやつら』のキム・ソンギュン。さらに、ドラマ『クリミナル・マインド:KOREA』のムン・チェウォン、ドラマ『グッドワイフ ~彼女の決断~』のイ・ウォングン、5urpriseのカン・テオらが豪華共演。ダイナミックなアクションバトルや華麗な衣装など、時代を再現した多彩な魅力満載のエンターテインメントの続報にも注目だ。

【STORY】
土地や水脈の形状を見るだけで、人々の運命を変えることができる風水師パク・ジェサン(チョ・スンウ)は運気の集まる土地“明堂(めいどう)”を探し当てる天才だったが、明堂を独占しようとする重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)の謀反に巻き込まれ、愛する妻子を殺されてしまう。失意に暮れるジェサンだったが、自分と同じくキムに深い恨みを持つ王族の興宣君(チソン)と出会い、キム一族を滅ぼすため風水の知識を駆使することに。やがて彼らは天下最強の“大明堂”をめぐる巨大な陰謀の真相を知ることになる。

作品情報

『風水師 王の運命を決めた男』
10月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

監督:パク・ヒゴン『仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~』
出演:チョ・スンウ、チソン、キム・ソンギュン、ペク・ユンシク、ムン・チェウォン、ユ・ジェミョン、パク・チュンソン、イ・ウォングン、カン・テオ(5urprise)
原題:명당
配給:ハーク
©2018, JUPITER FILM & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

オフィシャルサイトhark3.com/fuusui/