佐藤寛太、劇団EXILE先輩・鈴木伸之との思い出披露! 映画『今日も嫌がらせ弁当』トークショーに単独登場

佐藤寛太、劇団EXILE先輩・鈴木伸之との思い出披露! 映画『今日も嫌がらせ弁当』トークショーに単独登場

大ヒット公開中の映画『今日も嫌がらせ弁当』のトークショーイベントが、7月16日にシネ・リーブル池袋にて開催。佐藤寛太が登壇した。

佐藤が「この作品では舞台挨拶に1人で登壇するのは初めてなので少し寂しいです」と話しながらスタートした本トークショー。公開から2週間以上が経ち、周囲の反応を聞かれると「ほかの現場のスタッフさんが作品を観たよって言ってくれて、生の声は本当に嬉しいです!」と話し、本作が口コミでも広まっていることを嬉しそうに語った。

八丈島での撮影は、「海が本当にきれいで、八丈島をスクーターで一周して10時間ぐらいかかりました!」と満喫した様子。「八丈レモンが本当においしくて、600円ぐらいするけど本当に美味い! 八丈島での思い出はレモン! あとお風呂と海とクジラと……」と島での思い出を話しながら、「長崎の対馬に7歳まで住んでいたので、島の人が馴染みやすくて、東京と違って高いビルも無くて懐かしかったです」と子供の頃の話にも花を咲かせた。

また、過去に和太鼓の経験があったため、なめていたと語る八丈太鼓を叩く場面については、「太鼓を叩いていたら自然に腕だけ太くなったので、筋肉のある役柄でもなかったのに筋肉がついたかも。でも八丈島では5歳の子でも叩ける、本当に地元の伝統文化なんです!」と熱く語った。

続いて、観客からの質問タイムに突入。「LDHの方に嫌がらせ弁当を作るなら?」という質問には、「鈴木伸之先輩は身長が180cm以上もあってかっこいいのに飛行機も虫も苦手なので、いろんな色の虫が入ったお弁当を差し入れしたい! 当分口を聞いて貰えなくなるだろうけど」と楽しそうに話し、会場は笑いに包まれた。好きな弁当のおかずを聞かれた際には、「卵焼きが一番好きです!」と即答。MCがキャストの中で卵焼きが一番という人は少ないと話すと、「地元・福岡の卵焼きが甘くて好き。関東のはしょっぱくて違うんだよなって思う」と卵焼きについて熱弁する場面も。

また、劇団EXILEに入りたてのころに鈴木の家で年越しをしたことがあるそうで、「鈴木さんが作ってくれたお雑煮が本当に美味かった。でも出汁が関東と違うから違うな~と思ったりもしたけど、これが関東の味だよって出してくれて色々話してくれたので、心が温まり、その時は泣きそうでしたね。一生忘れられないですね」とほっこりするエピソードも披露した。

そして最後は、「この作品に出たことで、親に親孝行できた気分になった。僕の親もこの映画を観て、自分の親にも会いたくなったと言われて、家族にとっていいことをしたなと僕は思っています。時が経っても愛され続ける作品になると思うし、こういう作品に出られてよかったです!」とコメント。トークショーは幕を閉じた。

【STORY】
舞台は東京都の島、八丈島。自然と人情が豊かなこの島で、シングルマザーの持丸かおりは、次女の双葉と暮らしている。「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた可愛い娘はどこへ行ったのか、今では反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。果たして、かおりが想いのすべてをこめた、娘の高校生活3年間のフィナーレを飾る〈卒業弁当〉とは──?

作品情報

映画『今日も嫌がらせ弁当』
大ヒット公開中!!

出演 :篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太 、佐藤隆太    
原作:『今日も嫌がらせ弁当』(三才ブックス刊)
監督 ・脚本:塚本連平
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム
配給:ショウゲート

©映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会 

オフィシャルサイト
iyaben-movie.com

『今日も嫌がらせ弁当』原作