月山(松田翔太)の“カネキ(窪田正孝)愛”が止まらない! 映画『東京喰種【S】』×女王蜂主題歌スペシャル予告が解禁

月山(松田翔太)の“カネキ(窪田正孝)愛”が止まらない! 映画『東京喰種【S】』×女王蜂主題歌スペシャル予告が解禁

7月19日(金)より全国公開される映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』より、未解禁映像を含む主題歌スペシャル予告が解禁された。

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまった金木 研(窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。カネキの最大の宿敵である喰種・月山 習役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に山本舞香をはじめ、鈴木伸之、小笠原 海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、森 七菜、知英など注目の実力派俳優が集結する。

いよいよ明日7月19日(金)の公開を前に開催された東京、大阪、パリの3都市プレミアはいずれも大盛況。イベントでは、月山役の松田が度々「この映画は月山とカネキの恋愛映画」と公言し「『カネキくんを喰べたい』と思って挑み、一目惚れから愛に変わるまでを演じた」と強い“カネキ愛”を語ったことでも話題になった。

そして、この度解禁となった主題歌スペシャル予告では、それを裏付けるかのように、月山とカネキの出会いから、カネキへの思いをぶつけるように激しい攻撃を繰り出す月山のバトルシーンまで、邂逅する二人の姿が映し出されている。うっかりケガを負ったカネキの血をふき取ったハンカチを、月山が興奮気味に嗅いでは恍惚の表情を浮かべる…という原作でもおなじみのシーンもこれまで以上に⾧尺で登場。公開前からハマり役と評判の松田演じる月山の変態っぷりに、本編への期待が高まる仕上がりとなっている。作詞作曲を手掛けた女王蜂のボーカル・アヴちゃんも「シンクロ率が異様に高い」と語る、主題歌「Introduction」とのコラボレーションも必見だ。

本作でメガホンをとった川崎拓也監督と平牧和彦監督も、原作人気も高い月山の描き方には強いこだわりを持っていたのだそう。特にクライマックスのバトルでは、単純な戦いではなく「月山がカネキに思いを伝える場、カネキという素材を咀嚼する場」として描いたと語っている。

一方、そんな月山に歪ながらも真っ直ぐな愛を注がれ、翻弄されるカネキを演じた窪田は、とにかく「受け身の演技」を大切にしたという。月山のアプローチに戸惑ったり、バトルシーンでは圧倒的強さの前にボロボロになるまで痛めつけられたりと、前作以上にリアクションに重きを置いたカネキの姿も見どころの一つだ。

【STORY】
不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「喰種レストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

作品情報

『東京喰種 トーキョーグール【S】』
7月19日(金)全国ロードショー

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
監督:川崎拓也 平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原 海 白石隼也 木竜麻生 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー 森七菜 ダンカン 栁 俊太郎 坂東巳之助 松田翔太
配給:松竹
©石田スイ/集英社   ©2019「東京喰種【S】」製作委員会

オフィシャルサイト
http://tokyoghoul.jp/
オフィシャルtwitter
@tkg_movie
オフィシャルInstagram
@tkg_movie