イチローを超えた!? “3億ドル男”ハーパーがみせた衝撃の大遠投動画が100万再生超えの大反響

イチローを超えた!?   “3億ドル男”ハーパーがみせた衝撃の大遠投動画が100万再生超えの大反響

イチローの代名詞的なプレイだった「レーザービーム」。ライトを守るイチローが、3塁に向かう走者を矢のような送球で刺殺するシーンは、日本人のみならずMLBファンのアメリカ人にとっても忘れがたい、彼のハイライトとも言えるプレーだ。

そんな、イチローのレーザービームをも凌駕する!? 衝撃的な大遠投がSNS上で大きな話題となっている。ファンの度肝を抜いた遠投を披露したのは、フィラデルフィア・フィリーズに所属するブライス・ハーパー。

View this post on Instagram

4️⃣5️⃣8️⃣ feet of crushed. 😳

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

オフシーズンに、史上最高の13年3億3,000万ドルという天文学的な金額で契約を交わしたことでも記憶に新しい。彼の魅力と言えば豪快なバッティングだが、この日は守備でその価値を示してみせた。

2回、ナショナルズのロブレスが放った打球は右中間を割り、ワンバウンドしてフェンスまで届く。快足を飛ばし、一気に3塁を陥れようとしたロブレスだが、“3億ドル男”ハーパーは黙っていなかった。跳ね返ったボールをキャッチすると、3塁に向かって全力送球。ハーパーが投げたボールはカメラが映せないほど大きな軌道を描くと、3塁手フランコのグラブにスポリ。走ってきたロブレスをタッチして、見事アウトにしてみせたのだ。

この動画をMLB公式SNSが公開すると、ファンが一斉に反応。「ホームランのような投球」「これは凄い」と称賛のコメントが殺到し、再生数も130万再生を超えるなど、大きな反響を集めた。

View this post on Instagram

C L U T C H. #RingTheBell

A post shared by phillies (@phillies) on

高額すぎる年俸が故に、アンチも多いハーパー。しかし「ハーパーは好きじゃないが、このスローは凄い」といった内容のコメントもあるなど、普段辛口のコメントを寄せるファンもこのプレーには感銘を受けたようだ。移籍1年目の今シーズンは、まだ思うような成績が残せていないハーパーだが、このプレーにより改めてその実力が間違いないことを証明してみせた。シーズン後半は守備に加え、自慢の打棒にも大きな期待がよせられる。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO