鑑賞後の手ブレに注意! “カメラ”でお馴染み林家ぺー・パー子と映画『ポラロイド』のコラボ動画解禁

鑑賞後の手ブレに注意! “カメラ”でお馴染み林家ぺー・パー子と映画『ポラロイド』のコラボ動画解禁

リブート版『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグ監督による、世界各国で上映中止にまでなったホラー映画『ポラロイド』が、いよいよ明日7月19日(金)に公開。この度、本作と林家ぺー・パー子のコラボ動画が解禁となった。

本作は、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、同日公開となる『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグがメガホンをとった絶望のノンストップ・フォト・ホラー。もともとは、クレヴバーグ監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』(15)がきっかけで制作がスタートした作品で、短編がスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表。そのあまりの恐ろしさと“ポラロイドカメラ”=死の装置となる斬新なアイデアで「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得した。

そして、“カメラ”といえば林家ぺー・パー子、ということで公開された今回のコラボ動画は、映画の登場人物たちが“写ったら死ぬ”ポラロイドカメラに脅えるシーンに混ざり、「ギャー!」とペーの脅える様子が。映像の最後には、いつもの楽しそうな様子ではなく、恐怖に脅えた様子の二人が「怖くて手ブレが止まらない」と訴えかけてくる。

なお、動画の撮影では、二人で同時にセリフを言うシーンでなかなかタイミングが合わず、思わずパー子が笑い出したり、ぺーの迫真の演技にスタッフ一同が爆笑するなど、和気あいあいとした雰囲気に。ペーは「この映画ではカメラに撮られると死んでしまうけれど、僕が撮影すると寿命が延びるって言われているんだよ」とカメラにまつわるエピソードも明かした。

【STORY】
さぁ笑って。その笑顔が人生最期の1枚になる。
アンティークショップで偶然手に入れた年代モノのポラロイドカメラ。SNS世代の高校生バードたちはシャッターを押せば写真が出てくるその“新感覚”なカメラに夢中になる。しかしその後、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていく。死の順番とその法則。被写体の傍に必ず写り込み、死ねば別の被写体に移動する不可解な<影>。連鎖する悪夢の元凶がこのカメラにあることに気付いたバードだったが、自らも写真に写り込んでいることが発覚し―。

作品情報

『ポラロイド』
7月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー

監督:ラース・クレヴバーグ
出演:キャサリン・プレスコット、グレイス・ザブリスキー、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガン
原題:POLAROID
2017年/アメリカ/英語/88分/5.1CH/カラー/シネスコ
字幕翻訳:チオキ 真理
配給:ギャガ・プラス

©2019 DPC SUB 1A1, LLC

『ポラロイド』オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/polaroid