「人見知りを克服するぞ!」望月 歩、山田杏奈ら登壇 映画『五億円のじんせい』初日舞台挨拶

「人見知りを克服するぞ!」望月 歩、山田杏奈ら登壇 映画『五億円のじんせい』初日舞台挨拶

GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEWCINEMAPROJECT」。

約400本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文 晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が7月20日よりユーロスペースほかにて公開された。

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月 歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来が、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。

そしてこの度、主演の望月 歩に加え、映画『ミスミソウ』主演やガーナのCMキャラクターも務めるヒロイン役の山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督が登壇する初日舞台挨拶を実施した。

<イベントレポート>

公開初日の初回を迎え、満席の会場に登場した主演の望月歩、ヒロインの山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督。望月さんが「どうですか?  面白かったですか?」と観客に問いかけると会場からは拍手が。「ありがとうございます。これがやりたかった(笑)今日は精一杯頑張ろうと思います。楽しんでいってください。」山田が「一人二役でやらせていただきました。一年前に撮影をして、今皆さんの前に届いていてとても嬉しく思います。よろしくお願い致します。」文監督が「今日は早い時間からありがとうございます。よろしくお願い致します」と挨拶をした。

約400本の中から見事グランプリを受賞した本作を振り返って心境を聞かれると、監督は「商業映画の長編は初だけど、商業映画ができますようにとミサンガに願掛けしたのですが、まだ切れてないんですよ!」と足につけられているミサンガを見せて笑いを誘った。「実際に撮影を経て、無事に完成してとても嬉しいです。一緒に完成まで漕ぎ着けたスタッフ、上映してくれるユーロスペースに感謝」と感謝を述べた。今作が初主演の望月。これまでと違ったことや現場で努力したことを聞かれると、「作品に対しての気持ちは他の作品も変わらないけど、僕が今まで共演してきて、主役をされてきた人の佇まいを真似していこうと思っていました。『埋もれる』の桐谷健太さんや、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の菅田将暉さんとか。このお二人は現場ですごくわくわくされていて、だから今回は僕が一番この現場でわくわくしないとなと思って臨みました」と気合いを見せた。

今作は、先日行われたNYアジアン映画祭でスペシャル・メンションを受賞。ちょうど山田の主演作『ミスミソウ』も同じ賞を受賞していたことで、山田は「同じ賞です。嬉しいです」と笑顔を見せる。NYでの観客の反応を見て監督は「特殊な場面で笑うんだな?  と思いました。静かに観てほしいところでもハッハッハッて笑っていてびっくりしました。海外では、映画が良くないとお客さんはすぐ帰ってしまうのですが、お客さんが帰ってなかったので、良かったのかな」と喜びを見せた。

一人二役という難しい役柄を演じきった山田は、「初めて一人二役をやらせていただいて、最初は二役分大変かなと思ったのですが、楽しさが勝って二倍やれて得しました。二人とも魅力的な子なので、二人を違う方法で表現するのは楽しかった。二人が見た目がガラッと変わるわけではないので、観た人はどう思うかなと不安はありました。」と一人二役の難しさを語った。

今回、望月と山田の共演シーンは短く、現場でどうコミュニケーションをとっていたか聞かれると、望月は「お互い人見知りだな?  と感じつつ、共通の友達の話題とかを必死に探して話しかけました。さっき楽屋でも三往復くらいで終わって僕が立ち去っちゃったので、今しゃべれてうれしい。」と照れ、MCから「でも目は合ってないですもんね」と突っ込まれ「恥ずかしい!」と照れを見せると、場内も笑いに包まれた。公開日以降、ほぼ毎日劇場に立つ予定の望月毎日どのように観客とコミュニケーションを取りたい?  と聞かれると「毎日楽しませてもらおうと思います。人と話すことや舞台挨拶は好きですが、元々話すことは得意ではないです。だけど、普段応援していただけるお客さんたちにこういう時しか恩返しができないから、なるべく素でいられるように頑張りたい」と語った。

また「NEWCINEMAPROJECT」は7月20日から第二弾の募集を開始。受賞のコツを聞かれた監督は「審査をしてくれる人は後に一緒に作品を作ってくださる方々なので、どういう作品を作りたいか、作品への熱意を伝えればきっと仲間になってくれるはず。」と力強いエールを述べた。

最後に、監督が「望月さんが出演できて良かったなと思ってくれるような作品になっていると思うので、皆にもそう思ってほしい。」山田が「初めて脚本を読んだ時に、本当に素敵な脚本で、皆の思いが詰まっていると感じました。皆さんと、大事に大事に作った作品です。今日観て、届いたなと思った方は周りの皆さんにも薦めてほしいです。」望月が「前から主役という場に立ちたくて頑張ってきました。この日を迎えられたことが本当に嬉しいです。今日ご覧いただいた皆さんの顔を見て、良い反応をいただけていると思っているので、色んなところで広めてもらいたいです。僕自身、とても勇気をもらえる映画だと思っています。観ていただいた人の言葉が真実ですので、その言葉を広げてもらえると嬉しいです」と挨拶し、大盛況の中初日舞台挨拶は幕を閉じた。

イベント情報

映画『五億円のじんせい』公開記念トークショー
7月21日(日)16:20の回上映終了後
小川紗良&望月 歩トーク
7月21日(日)18:40の回上映終了後
文晟豪監督によるティーチイン
7月22日(月)18:40の回上映終了後
板垣瑞生&望月 歩トーク
7月23日(火)18:40の回上映終了後
森岡 龍&望月 歩&文晟豪監督トーク
7月24日(水)18:40の回上映終了後
望月 歩&文晟豪監督によるティーチイン
7月25日(木)11:30/13:50/16:20/18:40全回終了後
望月 歩ティーチイン&サイン会

以降もまだまだ実施予定。映画オフィシャルサイト&Twitterで随時発表!

公演情報

『五億円のじんせい』
監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月 歩
山田杏奈、森岡 龍、松尾 諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり
水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎 / 平田 満、西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO
製作:畠中達郎、田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思、押田興将、松田広子、中澤 元
協力プロデューサー:盛 夏子、諸田 創、宮瀬佐知子
助監督:久保朝洋
撮影:田島茂
照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎
装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松本 月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT