高良健吾、西川可奈子ら登壇 映画『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶開催

高良健吾、西川可奈子ら登壇 映画『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶開催

KADOKAWAとハピネットの共同製作によって、閉塞気味のこの映画界において「リミッターを外せ!」を合言葉に、あえてタブーとされる題材をテーマに、クリエイターたちの感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの立った作品を共同で開発、発信していくため立ち上げたプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』。

記念すべきプロジェクト第一弾は4月12日公開『殺人鬼を飼う女』。そしてプロジェクト第二弾となる『アンダー・ユア・ベッド』(配給:KADOKAWA)が7月19日より公開した。メガホンを取ったのは安里麻里監督。黒沢 清監督、塩田明彦監督の助監督を経て、『バイロケーション』『劇場版零~ゼロ~』『氷菓』など着実に確かなファンを獲得している期待の女性監督。原作は大石 圭の人気ベストセラーの同名小説。

そしてこの度、公開日を迎え初日舞台挨拶が行われた。チケットは即完売、立見席までも満席の舞台挨拶には主演の高良健吾、ヒロイン西川可奈子、安部賢一、三宅亮輔、三河悠冴、安里監督が登壇した。

<イベントレポート>

レイトショーの時間になるも本作を公開を今か今かと待ちわびる多くの観客たち。そこの間をMCの案内のもと高良健吾、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔、安里監督が拍手喝采のもと登壇した。

一言の挨拶に会場の満席と立ち見の観客をみて高良は「本日はご来場いただき誠にありがとうございます。きっとみんな刺激を求めた変な方たちが多いんですね。みなさんがこの映画を観てどう思ってくれるのか楽しみにしています。最後までごゆっくり楽しんでください」と捻りをいれた挨拶ではじめた。

続いて、ヒロイン佐々木千尋を演じた西川は「みなさんにこの作品がどう届くのか、通知簿を待っているドキドキした気持ちです。今日は楽しんでいってください」と胸の内を語った。

続いて千尋の夫・浜崎健太郎役の安部は「どうも、DVする夫を演じた安部賢一です(笑)、レイトショーで時間も遅いですけど、最後まで楽しんでください」と挨拶した。

水島役の三河は「役柄から少ない撮影の中でも、こんなにパワーのある現場にいられて本当によかったと思っています。」と語り、大学生役の三宅は「物語のキーになる役柄だと思っております。精一杯演じましたので、明さんも最後まで楽しんで見ていってください。」と挨拶した。最後に挨拶したのはこの作品の脚本と監督を務めた安里麻理監督。「記念すべき第一歩の場所にご来場いただき誠にありがとうございます。短い時間ではありますがよろしくお願い致します。」

そのまま、MCより初日を迎えられた話がうかがわれ、安里は「正直、ちゃんと初日を迎えられてほっとしている。無理かもって思う危機が何度もあったけど、必ず誰かが後ろから支えてくれる人がいて、それを思い出しちゃっていました。現場のみんながあきらめなかった熱量がきっと映画に映っていると思うので、皆さんに届くといいなと思います。」と初日を迎えられた喜びを語った。

本作の一報出しの際「ベッドの下に”高良健吾”」というワードが話題となりこの満席をみて感想を聞かれると、高良は「この役を演じて周りから今までにないくらい反応があって『楽しみだよ』『似合ってるじゃん』『健吾のああいう役久しぶりで楽しみ』『(ストーカー役が)合うもんね』……複雑なんですよ(笑)。いろんな役をやらせてもらっているけど、ここ最近で一番人に言ってもらえてすごく嬉しかったんです。でも、複雑なんです。(笑)」と周りの反響を吐露した。西川は「周りの反応は2、3日は引きずるという方が多くて、完成披露に来た母は次の日も『三井くん』ってずっと言っていました。原作者の大石 圭さんに会ったときにサインを求められてとっても光栄でした。」

安部は「DVする役なのでホント怖かったって言われることが多いですね。現場では西川さんの演技に助けられた。リハーサル以上のことがあっても向かってきてくれたので…」西川「抜き打ちビンタがありましたね。でも、そういうのがあってより役を演じられました。」

MCに西川の薄幸演技が話題ですと聞き、笑いながらも「すっごい嬉しいです。どんどん言ってください。薄幸女優。(笑)」と女優魂を語った。

つづいて、現場での雰囲気を聞かれた三河は「尊敬する俳優さんでもある高良さんと演じられて最初はめちゃめちゃ緊張しました。でも、現場にいたのは三井になりきっている高良さんで、その空気を味わえて自分も役には入れました。ただ自分も三井に似たキャラなので似合っていると言われると複雑です。(笑)」と現場の雰囲気と自分の役柄を語った。三宅は「最初はとっても緊張したんですけど、ぼくは現場が心地よかったです。最初の映画がこの作品でよかったと思います。」とこの作品の思い入れを語った。

その後、ベッドの下から覗く三井に因んで、撮影現場で見てしまった高良の新しい一面について聞かれるゲストたち。西川は「高良さんずっと出ずっぱりだったのですが、半日休憩をみんなでいただきロケ地のいわき市にあるスパリゾートハワイアンズに招待していただき、そこで、ふとさっきまで一緒だった高良さんが急にいなくなったと思って探したら、売店で水着を買っていてスライダーに乗ろうとしていたんですよ。演じる時はとことん演じて、楽しむ時はとことん楽しむ人なんだなって思いました。(笑)」三河は「僕はその日、高良さんに挨拶しようと施設内を探してたら、優雅に浮いてたんですよ。なので挨拶できなかったですね。とっても楽しんでいました(笑)」と高良の様子を語った二人。MCに実際楽しかったんですか? と高良に問うと「最高でしたね(笑)。日本一のスライダーに乗りたかったんですけど、時間がなくて断念しました。(笑)」と休憩の時間を存分に楽しんだことを語った。

現場での高良の雰囲気を安里に聞くと「洗脳されそうだったんです。うちの座長はアイデアが面白すぎて、それにいっぱいアイデアを出してくるんです。(三井の部屋にある千尋を扮したマネキンがあって、それに被せていたロングヘア―の)ウィッグを被るのはどう? なんて言われたり」と語ると「なんで被ろうとしたんだっけ。」とそれを思い出せない高良に安里は「なんで覚えてないの~(笑)洗脳されるかと思ったんですよ~しかもその後2回も3回も推されて……」と驚きつつ三井を攻めていた。

つづいて、本作がR18+作品であることを聞かれると、高良「演じている方からするとあまりR18+だからとは考えてないです。R18+が付くからってここまでできるとは思わないですけど、観る人からするとある程度何かを傷つける可能性があると思うんです。でもその傷ついたものが今もずっと残っていて、新しい環境に連れてってくれる。それが今の自分の大切なことで、助けにもなっているんです」と作品の与える力を語った。

明日からも上映後トークショーが控えており高良含め西川は語り足らないのか「やっといっぱい作品のこと話せるね〜(笑)」とワクワクした様子だった。

最後の挨拶に安里は「この作品が多くの人にどうか届いてほしい、広がってほしい。そのためにはお客様の声程強い力はないので、今日観た後にもし少しでも心に残るもがあったらぜひ周りの人に話してもらって多くの人に広げてほしいです。」と作品をたくさんの人に届けてもらうよう願った。高良は「視覚、聴覚、嗅覚、五感に刺激的な作品になっていると思います。痛々しいシーンもあるけど、みなさんの心にどういう爪痕が残るのか、すごく楽しみでもあります。僕がこの映画を観て思ったのは、自分を認めるのは自分しかいないし、自分らしくいるのは難しい。でもそれ以上にその人がその人であることが必要だと思うんです。だから、皆さんも自分のことを大切にしてください(笑)。」とニコやかな笑顔で語り掛けた。満席の会場が鳴りやまない拍手と共に本日のイベントは幕を閉じた。

イベント情報

『アンダー・ユア・ベッド』公開中プレミアトーク祭り
【場所】
テアトル新宿
【上映時間】(全上映回共有)
20:50~本編上映※上映後トークショー
【登壇予定者】
*vol.1:7月20日(土)西川可奈子×安部賢一×安里麻里監督
*vol.2:7月22日(月)高良健吾×安里麻里監督
*vol.3:7月27日(土)廣木隆一監督×高良健吾
*vol.4:8月1日(木)黒沢 清監督×安里麻里監督

映画『アンダー・ユア・ベッド』

テアトル新宿ほかにて公開中

出演:高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴 三宅亮輔
原作:大石 圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本/安里麻里
製作:ハピネット KADOKAWA
制作プロダクション:ザフール
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
R18+

オフィシャルサイト
http://underyourbed.jp

原作小説
アンダー・ユア・ベッド