『ブレードランナー ファイナル・カット』舞台となる2019年に日本初IMAXシアター公開が決定

『ブレードランナー ファイナル・カット』舞台となる2019年に日本初IMAXシアター公開が決定

SF映画の金字塔『ブレードランナー ファイナル・カット』が、舞台となる2019年の9月6日(金)より、2週間限定でIMAX®シアター公開決定(※一部劇場を除く。詳細は各劇場にて確認を)。あわせて、ポスターと約3分の予告編も解禁となった。

映画『ブレードランナー』(1982)は、フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、リドリー・スコット監督&ハリソン・フォード主演で映画化された伝説的作品。近未来SFとしての先駆的なビジュアル、哲学的要素が強いストーリーなどが今なお高く評価されている。

そして、『ファイナル・カット』はそんな本作を再編集し、2007年に公開。リドリー・スコット自身も「『ブレードランナー』の中で一番好きなこの『ファイナル・カット』を是非楽しんでほしい」と語っている作品を今回、IMAX®の大画面で楽しむことができる。

なお、IMAX®シアターでの公開を記念して、特製ポスター(先着限定、無くなり次第終了)がプレゼントされる予定だ。

【STORY】
舞台は放射能で汚染され酸性雨が降りしきる2019年ロサンゼルス。強靭な肉体と高い知能をあわせ持ち、外見からは人間と見分けがつかないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が単独、追跡を開始するが…

作品情報

『ブレードランナー ファイナル・カット』
9月6日(金) IMAX®シアターにて2週間限定上映

出演:ハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルトガー・ハウアー、ダリル・ハンナ、エドワード・ジェームス・オルモス
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:ブライアン・ケリー&ハンプトン・ファンチャー
原作:フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
デザイン:シド・ミード
オリジナル音楽:ヴァンゲリス
製作:1982年・2007年/原題:BLADE RUNNER: THE FINAL CUT/本編時間:117分

【公開情報】
※31館・7月22日現在
・109シネマズ(二子玉川、名古屋、木場、湘南、菖蒲、箕面)
・TOHOシネマズ(日比谷、新宿、ららぽーと横浜、なんば、二条、仙台)
・ユナイテッド・シネマ(としまえん、浦和、札幌、豊橋18、岸和田、キャナルシティ13、PARCO CITY浦添)
・シネマサンシャイン(グランドシネマサンシャイン、大和郡山、衣山、土浦)
・T・ジョイPRINCE品川
・横浜ブルク13
・広島バルト11
・鹿児島ミッテ10
・イオンシネマ大高
・成田HUMAXシネマズ
・USシネマちはら台
・エーガル8シネマズ

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.