上白石萌音&山崎紘菜が女性起業家と真剣トーク! 映画『スタートアップ・ガールズ』公開記念イベント開催

上白石萌音&山崎紘菜が女性起業家と真剣トーク! 映画『スタートアップ・ガールズ』公開記念イベント開催

9月6日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開される、映画『スタートアップ・ガールズ』のトークイベント付き特別先行上映イベントが、7月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催。ダブル主演を務めた上白石萌音と山崎紘菜、そして女性起業家の平野未来(シナモン代表取締役)と新居日南恵(manma代表取締役社長)が登壇した。

本作は、邦画初となる“スタートアップ”(起業)をテーマにした作品。大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松 光(上白石)と、大企業に勤め起業家への投資をする安定志向の女性・南堀 希(山崎)の正反対の2人が、ぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして進化していく姿が描かれている。

本稿では、そんな本作のイベントのオフィシャルレポートをお届けする。

オフィシャルレポート

ダブル主演の2人は今回が初共演だったという本作。上白石は、山崎について「やりやすいことこの上なかったです」とコメント。続けて、「紘菜ちゃんとは同じ年に、同じオーディションを受けて、同じ審査員特別賞をいただいて、同じ事務所に入って、同じマネージャーさんのもとで7年くらいお互いに支え合ったり、傷ついたことがあったら傷を舐め合ったりしながら(笑)、戦友のようにお互いの道で頑張る中で、いつかお芝居を一緒にという夢がありまして、その夢をこの映画で叶えていただいたし、光の奔放さと希の堅実さみたいなものが化学反応し合うという深い関係性を演じられたことがとっても嬉しかったですね」と感慨深げに語った。

加えて、上白石は「光って口も態度も悪くて、クセ強めなんですけど、どんなセリフも言動も、紘菜ちゃんだったら受け止めてくれるから絶対に大丈夫だと思って思い切りやれたので、光として自由にできたのは紘菜ちゃんのおかげだったなってすごく思います」と山崎に感謝。これには山崎も「私は助けられてばかりで、映画の撮影に入る前に1度会ったときに、『今度一緒だね』って話したら、萌音ちゃんが『振り回すからね』って宣言をしてくれて(笑)。だから私は思う存分、振り回されに行こうって思って望んでいました。常にドシンと構えてくれるので、役では光としてリードしてくれたし、撮影が終わって一緒に帰るときは、私が悩んでいることも聞いてくれて助けられて、光が萌音ちゃんでよかったなって心から思っています」と応え、互いに「ありがとうございます」と頭を下げ合った。

また、上白石は光のモデルとなった平野と新居の話を、目をキラキラさせながら聞いては「かっこいい!」と吐露。一方、山崎は「質問があります」と積極的な一面を見せ、「スタートアップをすることに不安はなかったですか?」と疑問を投げかけた。これに平野は、「どう考えてもイケるって思いました」と打ち明け、新居は「1年はどんなにディスられてもやめないって思っていました。だいたいはやめることによって失敗とみなされると思っていたので、絶対にやめないというのが大きかったです」と回答。そんな2人の答えを聞いた上白石は「(これまで)何度もくじけそうになっているし、もういいかなとか思って沈んでしまう夜もあるんですけど、私は“これをやっているときは辛さよりも楽しさが勝つんだ”と思えているうちはもっと頑張れる気がしています。今はとにかくこのお仕事が好きなので頑張れていて、好きって原動力になるので、私もやめずに頑張ろうと思います」と力強く語った。

さらに、山崎は「私は打たれ弱いんですけど、打たれてからの這いつくばる力はあるほうだなと思っていて、ある人に『お前、小麦みたいだね』『踏まれても強いね』って言われたことがあります(笑)」と告白。これには平野から「それはスタートアップに大事なこと」と声が挙がった。すると、上白石は山崎に「スタートアップに向いてるじゃん」と起業を勧め、山崎は「じゃあ、一緒にやろうね」と上白石を勧誘。最終的には上白石が「考えておくね」と答え、仲睦まじいやりとりを見せた。

続けて、新居から「(女優として)海外に出たり、歌をやられたり、そういう風に広げていくのも(スタートアップと)共通するものがあります」と声を掛けられると、山崎は「2人に言われるといけそうな気がする」と上機嫌に。平野からも「どう考えてもいける」と言われると、上白石は「『どう考えてもいける』って座右の銘にしようかな(笑)」と声を弾ませた。

また、「女優としてパートナーシップを組む相手との理想の関係はどんな形だと思うか」について、上白石は「どこまで腹を割って話せるかが大事かなと思っていて、自分のアイディアや意思はもちろんなんですけど、不安や緊張など弱い部分もどこまでまっすぐに伝えられるかが大切なんだなと思います」と告白。続けて、「未成年のときには行けなかったお酒の席に行けるようになったんですけど、お酒を飲むと人って本音で話すじゃないですか(笑)。そこで語り合ったりした上で、関係作りをすると、勝手に障害だと感じていたものがなくなる気がしているので、嫌われても誤解されてもいいから、思っていることを言うっていうことはすごく大切なんだなって思う今日この頃です」と熱く語った。

そして山崎は、同じ質問に「どこまで相手を信頼できるか、この人なら全部任せられるとか、信用できると思える人がいいパートナーだなと思います」と回答。「私って気が合わないと思った瞬間にシャットアウトしてしまうようなタイプだったんですけど、この映画で光と希の化学反応を目の当たりにしたときに、ちょっと苦手だなと思う人でも1回自分の中に取り込むと、新たな世界が広がったり、意外とその人のことを大好きになったりするんだなと学んだので、今はどんな人とでもちゃんと向かい合うことを意識してお仕事するようになりました」とコメントした。

【STORY】
無理だと思った瞬間、人はその思考に負ける!
自由奔放なで天才的な大学生起業家・光(上白石萌音)と“無難 is  BEST”な安定志向をもつ大企業OL・希(山崎紘菜)。正反対の 2 人は、光の事業をサポートしているミズキ(山本耕史)との計らいで、小児医療遠隔操作で診察をする新プロジェクトのビジネスパートナーになってしまう。身勝手な光の言動に振り回される希は、光を信じることができず、仕事にも行き詰まる。  非常識女 vs 手堅い女。人生最悪の出会いは、史上最強の新時代を創り出すことができるのか?

作品情報

『スタートアップ・ガールズ』
9月6日(金)より全国公開

脚本:髙橋 泉
監督:池田千尋
出演:上白石萌音 山崎紘菜 渡辺真起子 宮川一朗太 神保悟志 山本耕史
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION「スリープ」(Ki/oon Music)
配給:プレシディオ
 ©2018 KM-WWORKS Ltd., All rights reserved.

『スタートアップ・ガールズ』オフィシャルサイト
http://startup-girls.jp/