チャッキーの残忍な凶行を涙ながらに告発! 映画『チャイルド・プレイ』本編映像が到着

チャッキーの残忍な凶行を涙ながらに告発! 映画『チャイルド・プレイ』本編映像が到着

7月19日に日本公開を迎えた、映画『チャイルド・プレイ』より、本編映像が到着した。

今回解禁となった映像は、最新型チャッキーの残忍な凶行を知った、主人公・アンディ(ガブリエル・ベイトマン)が取り付く島もなく、母親カレン(オーブリー・プラザ)に涙ながらに訴えかけるシーン。恐怖と混乱が入り混じり鬼気迫る様子で必死に説明するアンディだが、単なる高性能のバディ人形であるチャッキーが“人に襲い掛かかった”という、突拍子もない話を信じない母カレンはあきれて外へ出て行ってしまう……。オーブリーとガブリエルが見せる、切迫した演技合戦に注目だ。

本作で自身初の母親役を演じたオーブリーは、「脚本を読んで、カレン役を演じることがとても楽しみになった。あまりにも自分とは違う役柄だから。若いシングルマザー役というのも魅力的だった」と出演の決め手を告白。息子役のガブリエルについては、「ガブリエルはムービースターよ。とんでもない才能を持っている。ふざけて私の苦手なことを指摘してきたりするけど、本当は私のことが好きで、私の方が得意だと知っているからだと思うわ。彼とは特別な関係性を築けていて、お互いを打ち負かそうとばかりしている。でも私の方が年上だから、そうはいかないわ」と絶賛している。

どこにでもいるこの親子が、史上最恐のチャッキーの出現により窮地に追い込まれ、どんな結末を迎えるのか……? ぜひ劇場で確かめてほしい。

作品情報

『チャイルド・プレイ』
大ヒット公開中

監督:ラース・クレヴバーグ
製作:セス・グラハム-スミス、デヴィット・カッツェンバーグ(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』)
脚本:タイラー・バートン・スミス
出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー
全米公開:6月21日(金)
原題:CHILD’S PLAY
配給:東和ピクチャーズ
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing
CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://childsplay.jp