乃木坂46×ヒットクリエイターが濃密対談。『月刊TVガイド』で公式連載がスタート

乃木坂46×ヒットクリエイターが濃密対談。『月刊TVガイド』で公式連載がスタート

本日7月24日(水)発売のTV情報誌『月刊TVガイド2019年9月号』から、乃木坂46が登場する公式連載「月刊乃木坂TVガイド Hitmaker’s Talk Meeting」がスタートした。

この連載は、月刊TVガイド編集部と、乃木坂46プロデューサー・秋元 康がタッグを組んだ企画。秋元の「乃木坂46のメンバーに刺激を与える連載にしたい」という思いに応え、メンバーが、日本を代表するヒットメーカーやクリエイターとの対談を行う、これまでにないスタイルの連載テーマが決定した。

連載レギュラーには、1期生で選抜メンバー常連の秋元真夏、高山一実を抜擢。秋元も高山も、乃木坂46の活動のみならず、ソロでの番組出演や小説執筆などグループの活動の場を広げ続けているメンバーであり、乃木坂46の新たな可能性を探る連載のホスト役として、これ以上ない人選といえる。初回には、秋元と高山の2人が揃って登場。2回目以降は、レギュラー2人が交代で登場し、さらに毎回もう1人の乃木坂46メンバーとともにクリエイターとの対談を行っていく。


記念すべき初回のゲストは、テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行。『ゴッドタン』をはじめ、数々の人気バラエティー番組を手がける一方、ラジオパーソナリティーとしてニッポン放送の『オールナイトニッポン0』にも出演する異色のクリエイターだ。

対談では、初回ということで秋元と高山は緊張気味にスタート。しかし、普段から乃木坂メンバーが出演する番組をよく見ているという佐久間がリードする形で、次第に「テレビとは」「お笑いとは」「アイドルとは」といった興味深いテーマで対談は進行。2人からの「1人でバラエティーに出たときの正解がわかりません」、「バラエティーではアイドルらしくした方がいいですか?」といった本気の悩みに対し、バラエティー番組を知り尽くす佐久間氏から思いもよらないアドバイスが飛び出すなど、クリエイターとの語らいならではの濃密な時間となった。

さらに「もし今後、乃木坂46と一緒に仕事をするなら?」という質問に対して、佐久間は「乃木坂46と芸人さんの、新しい音楽バラエティーを作ってみたい」と本格的なアイデアを提案。秋元と高山も「佐久間さんが作ってくれるならぜひ!」と応えるなど、連載初回にして早くも今後の展開が楽しみな化学反応が生まれた。

対談終了後、秋元は「佐久間さんはテレビ業界の人ということで勝手に構えていたんですけど(笑)、悩みまで聞いてもらっちゃって、すごく話しやすかった」、高山は「自分のためにも、グループの今後のためにもなる対談でした。佐久間さんがやってくれるなら新しい企画に挑戦したい!」とそれぞれ語り、大きな刺激を受けたようだ。

今後、連載では、テレビをはじめとして音楽、映画、舞台などさまざまなステージで活躍するクリエイターにオファー予定。さらに、「乃木坂46のメンバーにこのクリエイターと対談してほしい!」という読者からのリクエストも積極的に集めるという。リクエストは、月刊TVガイドの公式Twitter(@GEKKAN_TVGUIDE)で随時受け付けている。

【秋元 康 コメント】
人の話を聞くのは、いい刺激になる。
乃木坂46のメンバーにいい刺激を与えるために、月刊TVガイドに連載ページを作ってもらった。
どうせなら、クリエイターとの対談がいい。
クリエイターは常にアンテナを張り巡らしているからだ。
日本を代表するクリエイターたちの話は面白いし、刺激的だろう。
過酸化水素水から酸素を発生させる二酸化マンガンのように、クリエイターたちが乃木坂46から何かを生み出す触媒になってくれるに違いない。

書籍情報

『月刊TVガイド 2019年9月号』
(関東版/関西版/愛知・三重・岐阜版/福岡・佐賀・大分版/北海道版/静岡版)
発売日:7月24日(水)
※一部、発売日が異なる地域あり
特別定価:390円
表紙:嵐

「月刊TVガイド2019年9月号」(東京ニュース通信社)