横浜流星の友人役を演じる松岡広大に注目! 映画『いなくなれ、群青』新映像が解禁

横浜流星の友人役を演じる松岡広大に注目! 映画『いなくなれ、群青』新映像が解禁

9月6日(金)全国ロードショーされる、映画『いなくなれ、群⻘』で、捨てられた人たちが住む行き着く謎めいた島“階段島”に暮らす高校生の主人公・七草(横浜流星)のクラスメイトである佐々岡を演じる松岡広大にフィーチャーした新映像が解禁された。

ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』で主人公のうずまきナルトを演じて注目を集めた松岡。最近は、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月(17~18)、浪漫活劇『るろうに剣心』(18)、『恐るべき子供たち』(19)など舞台を中心に活躍する一方、主演『ベイビーステップ』(16/Amazonプライム)、『ファイブ』(17/CX)、『兄友』(18/MBS・TBS)と、その映画版『兄友』(18)など、映像でも着実と経験を積み重ね、圧倒的な存在感とともに演技派俳優としてさらに注目度がアップしている。

今回はそんな松岡からコメントも到着。自身が演じた佐々岡の魅力を語っている。

【松岡広大コメント】
佐々岡役を演じさせて頂きました、松岡広大です。僕が演じた佐々岡は素直で明るく、若いエネルギーで溢れている学生です。ただ素直且つ意外と繊細な感覚を持っているので、傷付くことは普通の人よりも傷付きますし、一つの目標に向かうと周りが見えなくなってしまう、そんな不器用さも持っています。僕は今回彼の明るさというところよりも、人間誰しも持っているけれども見せようとしない、あるいは見せることが恥ずかしい「弱さ」を軸に演じ、困難に向かい奮闘するけれども自分の無力さを痛感し打ちひしがれた姿など、人間のもう一つの側面に意識を置きました。様々な葛藤を乗り越えた彼が最後どのような姿で映っているのか、是非観て頂きたいです。

【STORY】
「階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた。どうして島にやってきたのかを知る人はいない。島の秘密なんてものを、解き明かしたいとは思わない。――この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」

「僕たちは初めから、矛盾しているんだよ」悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇。根本から矛盾し合っている二人が、階段島で再会した。奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たち。そんな彼らの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。

作品情報

『いなくなれ、群⻘』
9月6日(金)全国ロードショー

原作:河野裕『いなくなれ、群⻘』(新潮⽂庫 nex)
出演︓横浜流星 飯豊まりえ 矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/黒羽麻璃央
監督︓柳明菜
配給︓KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
©河野裕/新潮社©2019 映画「いなくなれ、群⻘」製作委員会

オフィシャルサイトinakunare-gunjo.com

『いなくなれ、群⻘』原作