chayが“流し”のギタリストに!? 映画『ダンスウィズミー』SP映像が解禁

chayが“流し”のギタリストに!? 映画『ダンスウィズミー』SP映像が解禁

8月16日(金)より全国ロードショーされる映画『ダンスウィズミー』より、スペシャル映像「chay、ワケあって“流し”してみました」が解禁された。

公開に先んじて世界の映画祭で上映された本作は、「こんなミュージカル観たことない! ラ・ラ・ランドよりエキサイティング! 今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)、「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声があがり、異例なことに、日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している。

今回解禁されたのは、本作で女優デビューを飾ったchayが、大阪の酒場でギター片手に大熱唱をするスペシャル映像。

chayはギター片手に酒場をのぞき込むと、「一曲歌ってもいいでしょうか?」とお客さんを前に演奏を始め、「狙いうち」「ウエディング・ベル」を披露。お客さんたちの中にはゆっくりと体を揺らして楽しむ人も現れ、思い思いにchayの音楽に浸っている様子。そして三曲目は本作のラストシーンにも流れる「タイムマシンにお願い」をハッピー全開で演奏。お客さんのボルテージは最高潮になり、立ち上がり曲にあわせてノリノリなダンスを踊り出す人も! chayの演奏もどんどんパワフルになり、ギターを上下に振りながらお客さんに体を寄せつつ大熱唱する姿が収められてる。

最後にはちゃっかり『ダンスウィズミー』のチラシを配り「観に来てくれるかな」と呼びかけるchayに、全員一致の「もちろん!」で応えるお客さんたち。止まないアンコールに、chayも「もう一回いきますよ!」と声を響かせた。

『ダンスウィズミー』のような歌って、踊って、笑ってしまうハッピーなエネルギーをギター一本で巻き起こし、熱狂の渦を作り出したchayは、自身が演じた洋子について、「非常に強烈で、今までにない一面が出ちゃっているかもしれないです。ファンが減っちゃったらどうしよう」と冗談を織り交ぜ、キャラクターへの印象を明かしている一方、「デビュー前に一人でギター1本を持って、渋谷や下北沢、福岡でもストリートで歌ってたんです。なので今作で久々にストリートミュージシャンをやると、当時の記憶がフラッシュバックしてきて、演じるというよりは素でやっていました」と話し、ミュージシャンの経験が劇中でも活きたことを語っている。矢口監督は、「洋子の役は非常に特殊な役で、ストリートミュージシャンとしてきちんと歌えなければいけないんですよ。それをしっかりとこなせる人じゃないとダメなんです。chayさんが、意外と芝居ができるのを見て、chayさんには何かあるぞーって思いました」と抜擢した理由を披露しており、本編でのchayの活躍に期待が寄せられる。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp