八村 塁だけじゃない! NBA新人の登竜門、サマーリーグの“怪物プレー”動画が150万再生超えの大反響

八村 塁だけじゃない!  NBA新人の登竜門、サマーリーグの“怪物プレー”動画が150万再生超えの大反響

日本人初のNBAドラフト1巡指名を勝ち取ったことで、大きな話題となった八村 塁。本国アメリカでの評価も高く、八村を“サプライズ指名”したワシントン・ウィザーズの編成には称賛の声も上がっているほど。日本バスケットボール界のこれからを背負う逸材として、1年目から活躍してほしいところだ。

View this post on Instagram

8️⃣村

A post shared by Rui “Louis” Hachimura 八村 塁 (@rui_8mura) on

そんな八村らが、本格的なシーズン開始前に参加していたのが「NBAサマーリーグ」。シーズンオフ中に行われるトーナメント戦で、シーズンに新人や新戦力の実力を図る、いわば新人選手にとっての登竜門のような試合だ。八村はデビュー戦のペリカンズ戦から、自身の持ち味を存分に発揮。14得点5リバウンド1アシスト2ブロックと、噂に違わぬ実力をみせつけた。

しかし、サマーリーグに出場したツワモノは八村だけではない。恐るべく才能の出現が、SNS上で大きな反響をよんでいるのだ。話題になっているのは、NBA公式SNSが公開した、「サマーリーグのTop5プレー」という動画。

動画中には、ペリカンズから全体1位指名された怪物ルーキー、ザイオン・ウィリアムソンも登場。ザイオンは、相手がキャッチしたリバウンドボールを力ずくで奪い、なんとそのまま豪快なダンクシュート。まさに怪物級のパワーを見せつけ、全体1位指名の実力をみせつけた。

ホーネッツのマイルズ・ブリッジズは、テクニカルなダンクシュートでランクイン。自陣で受けたボールを、自らゴール下まで運ぶと、相手をかわすような軽やかな動きから、そのままダンク。バスケIQの高さを見せつけた。

View this post on Instagram

👀

A post shared by Jaxson Hayes (@sideshowjax_) on

最も衝撃的だったのは、ペリカンズのルーキー、ジャクソン・ヘイズのプレー。味方からのパスを走りこんで受けたヘイズは、勢いそのままに豪快なダンクシュート。ブロックしようとした相手を吹き飛ばすほどのすさまじいパワーは、同期のルーキーであるザイオンをも驚かせたのだそう。

この動画は現在までに160万回以上再生される大反響。まだ世に出てきていない若い才能に、バスケットボールファンは心躍らせていることだろう。これら怪物級の選手たちと対峙していくことになる八村。シーズンではどのような活躍をみせてくれるのだろうか? シーズン開幕が待ち遠しい。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO