2.5次元芸能事務所ツキプロ所属「SOARA」のはじまりを実写映画化!『LET IT BE –君が君らしくあるように-』が10月4日公開&予告編解禁

2.5次元芸能事務所ツキプロ所属「SOARA」のはじまりを実写映画化!『LET IT BE –君が君らしくあるように-』が10月4日公開&予告編解禁

2.5次元に存在する架空の芸能事務所として、CD、アニメ、ライブ、舞台といった様々なメディアミックス展開を行う「ツキノ芸能プロダクション(通称ツキプロ)」による、初の実写映画『LET IT BE –君が君らしくあるように-』が、10月4日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週限定公開が決定。併せて、ポスタービジュアルと90秒予告編が解禁された。

ツキプロ所属の音楽ユニット「SOARA」のはじまりの物語を描く本作で、 「SOARA」メンバーの高校生時代を演じるのは、ネクストブレイク必至なフレッシュな俳優陣。大原 空役を、オーディションで選ばれ、見事主演の座を射止めて本作でデビューとなる堀田竜成。在原守人役を、舞台『テニスの王子様』出身で数多くの舞台に出演している石渡真修。神楽坂宗司役を、モデル、舞台、CMなどで活躍中の吉田知央。宗像 廉役を、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストを経て、声優、舞台で注目を集める植田慎一郎。原作であるドラマCD、アニメと七瀬望の声を担当してきた沢城千春が七瀬 望を演じている。また、「SOARA」と同時期に活動をスタートした「SolidS」と「Growth」のリーダーを演じる、声優・江口拓也と土岐隼一が友情出演する。監督は「ツキステ。」シリーズ演出の伊藤秀隆が務める。

ポスタービジュアルは、ツキプロ所属の音楽ユニット「SOARA」の高校生時代を描く物語ということで、初々しい制服姿の大原 空、在原守人、神楽坂宗司、宗像 廉、七瀬 望の5人が並ぶショットと共に、はじまりのエピソードらしい「さぁ、音楽をはじめよう!」のキャッチコピーが際立っている。

予告編では、「三年生を送る会」の目玉の一つとして、即席バンドを組んでライブをすることになった5人それぞれの想いとライブに向けた情熱が描かれている。また、予告編の終わりに江口も登場。本編では、どんな活躍をするのか、公開が待ち遠しい内容となっている。

予告編はこちら

【STORY】
「この歌は俺だけの歌じゃない。みんなで一緒に作った、最強の歌だもんな。だから……さぁ、音楽をはじめよう!」
音楽が大好きな少年・大原空は、中学二年生の時に授業の課題で一曲の歌、「LET IT BE」を作る。
それを軽い気持ちで動画サイトにアップしたところ、一夜にして大ヒット。一般のニュースにも取り上げられて、一躍時の人となったのだった。自信を持った空は楽曲制作に夢中になっていく。しかし、その後作った歌の評判はどれも思わしくなく、ついには空を攻撃するようなコメントも飛び交うように。傷ついた空は、音楽に触れることをやめたのだった。時は流れ、空は高校二年生となり、「三年生を送る会」のメンバーとして、校内を忙しく走り回っていた。会の目玉の一つとして、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望と即席バンドを組んでライブをすることになったのだ。「この歌は俺だけの歌じゃない。みんなで一緒に作った最強の歌だもんな。だから…… さぁ、音楽をはじめよう!」

作品情報

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』
10月4日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週限定公開

出演:堀田竜成 石渡真修 吉田知央 植田慎一郎 沢城千春/江口拓也 土岐隼一/おかやまはじめ
原作:ツキノ芸能プロダクション『ALIVE』シリーズ(ムービック)
脚本:ふじわら
監督:伊藤秀隆
主題歌・楽曲提供:じょん(滝沢章)
製作:劇場版SOARA製作委員会
配給:キュー・テック
オフィシャルサイトsoara-movie.com