映画『ダンスウィズミー』三吉彩花がNY・タイムズスクエア前でダンス披露! 三浦貴大もノリノリで応戦するスペシャル映像公開

映画『ダンスウィズミー』三吉彩花がNY・タイムズスクエア前でダンス披露! 三浦貴大もノリノリで応戦するスペシャル映像公開

8月16日(金)より全国ロードショーされる映画『ダンスウィズミー』より、主演の三吉彩花が、NYのタイムズスクエアをはじめとする、世界の大都市や日本全国で踊りまくるスペシャル映像が解禁された。

公開に先駆けて海外の映画祭で上映された本作は、「こんなミュージカル観たことない! ラ・ラ・ランドよりエキサイティング! 今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)、「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声があがり、日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している。

今回解禁された映像では、三吉が数多くの有名企業の看板に囲まれているタイムズスクエア、伝統のある金融街ウォールストリート、市民の憩いの場であるマディソン・スクエア・パークほか、ナイアガラの滝やカナダのトロント、中国の上海など世界各国で、一心不乱に「狙いうち」を踊る様子が映し出されている。

また、日本では、6月に開催されたG20大阪サミットで世界中のメディアにとりあげられた大阪のオバチャンダンスグループ「オバチャーン」や、沖縄の伝統芸能である“エイサー”を踊る青年たち、名古屋のしゃちほこ踊りを踊れる芸者、神戸の名物であるサンバダンサーズ、北海道「北海へそ踊り」の踊り手など、地域にゆかりのあるダンサーたちとも夢のコラボレーションを果たしている。さらに、本作で“嘘くさい先輩エリート社員の村上”を演じる三浦貴大も、サンバの衣装に身を包み参戦。神戸で元気いっぱいの子供たちと一緒に踊りを披露している。

なお、番外編としてやしろ 優と女芸人ダンサーズ、ミス慶応ファイナリスト6名が同じダンスを踊る映像も、こちらのサイトで見ることができる。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp