『トイ・ストーリー4』が日本興収60億円突破! ディズニー/ピクサー・アニメーション史上最短記録

『トイ・ストーリー4』が日本興収60億円突破! ディズニー/ピクサー・アニメーション史上最短記録

大ヒット公開中の映画『トイ・ストーリー4』が、公開から20日目の7月31日に、興行収入60億円を突破。ディズニー・アニメーション、ピクサー・アニメーション全タイトルの中では、史上最短記録となった。

7月31日までの興行で動員455万9,000人、興行収入60億500万円を記録し、この夏No.1の大ヒット街道を突き進んでいる本作。夏休みに入り、ファミリー層や10、20代の男女を中心に幅広い客層が劇場に来場している。そんな中でも特に、大人からの共感の声が続出しており、大人の心に響くストーリーが大ヒットの要因のひとつだ。SNS上には「現代の大人へのメッセージが完璧にエンタメとして昇華されててマジで最高でした」、「子供の頃はただただ楽しんで見ていましたが、大人になった今は『トイ・ストーリー』の深さが分かります」、「大人が観るとドラマチック」、「3を超える深いテーマを内包した大人のドラマ」、「『トイ・ストーリー』を見て成長した大人への作品」という言葉があふれている。

さらに40、50代の男性が1人で来場する姿も目立っており、SNSでは「会社の同僚と『サラリーマンこそ刺さるよね』と盛り上がったよ!」、「大人になって大事な決断をする時は、どうしても大切な何かを犠牲にしなきゃいけない事が多い。自分と重ね合わせて見ると共感せざるを得ない。涙腺崩壊」、「ウッディがサラリーマンとしての自分と重なって見えた。自分だったらウッディと同じ決断ができるかな」などの声も。多くの人がウッディと自分を重ね合わせ、新しい持ち主ボニーの元へ行ったウッディが、自分の本当の居場所を求めて冒険する姿に共感する、大人の男性も急増している。

また、字幕版と吹替版のどちらも鑑賞するリピーターが続出。「『トイ・ストーリー』2回目で大号泣した……」、「『トイ・ストーリー4』もう1回見に来たけど1回目とは比べ物にならないくらいめっちゃ泣いた……タオルびしょびしょや」、「『トイ・ストーリー4』を2回目観てきましたが最高でした。初見のときよりラストに感動してしまった」、「2回目の『トイ・ストーリー4』行ってきました。字幕も吹き替えもめちゃくちゃいいなぁ!」、「3回目観てきた! 3回観たらウッディの気持ちが分かった」、「4回目の『トイ・ストーリー4』。何回見ても泣ける……早く帰ってウッディとバズとかおもちゃたちを抱きしめたい」など、SNSには観れば観るほどに感動が増す、という投稿があふれている。

なお、東京、大阪、名古屋、北海道の4都市では、『トイ・ストーリー4』OH MY CAFÉがスタートしており、予約が殺到。キャラクターをイメージしたフードやドリンク、カフェオリジナル商品の販売はもちろん、店内も映画の世界観をイメージしており、『トイ・ストーリー4』の世界に浸れると話題となっている。

【STORY】
“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。見たことのない新しい世界で、最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? 世界中が涙した前作を超える、「トイ・ストーリー」史上最大の感動のアドベンチャー。その結末は、あなたの想像を超える──。

作品情報

『トイ・ストーリー4』
大ヒット公開中

監督:ジョシュ・クーリー
製作:ジョナス・リヴェラ
全米公開日:2019年6月21日
原題:Toy Story 4
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html