村上春樹長編小説が舞台化! 渡辺大知、成河、門脇 麦らが舞台『ねじまき鳥クロニクル』に出演

村上春樹長編小説が舞台化! 渡辺大知、成河、門脇 麦らが舞台『ねじまき鳥クロニクル』に出演

村上春樹長編小説の金字塔的作品『ねじまき鳥クロニクル』が、2020年2月に舞台化が決定した。

演出・美術・振付を務めるのはイスラエルの奇才・インバル・ピント。共同演出と脚本に演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大。そして音楽は世界的な即興演奏家の大友良英が手掛ける。

職無し、妻は失踪……と、人生行き詰まりの主人公・岡田トオル。主人公を演じるのは渡辺大知と”演劇モンスター”の異名を持つ成河。この配役はWキャストではなく、二人で岡田トオルという人間の多面性を表現していく演出となるという。果たしてどんな演出なるのか想像が尽きないところだ。

さらに『ねじまき鳥クロニクル』の壮大な世界を舞台に立ち上げるため、共演者には門脇 麦、銀粉蝶、吹越 満、大貫勇輔、徳永えり、松岡行大、成田亜佑美、さとうこうじ、といった強烈な個性を放つ俳優陣が参加。

インバル・ピント作品には欠くことのできないダンサー陣には、大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史、東海林靖志、鈴木美奈子、西山友貴、皆川まゆむといった日本のコンテンポラリーダンス界を代表する強者が集まっている。

【渡辺大知コメント】
壮大な精神世界を描いた「ねじまき鳥クロニクル」の舞台化に、胸が熱くなっております。
出演させてもらえることを心から光栄に思います。
お話を頂いた時は、あまりにも衝撃だったので嘘なんじゃないかと不安にもなりましたが、
自分なりにアイディアを出しながら使えるものを全部使って精一杯楽しんでやろうと思っております。
尊敬するスタッフ・キャストの方たちばかりなので、皆さんと共に、一筋縄ではいかない今作と闘えることにワクワクしています。
他の舞台作品では観られないものが観られると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!

公演情報

舞台『ねじまき鳥クロニクル』
東京公演:東京芸術劇場プレイハウス
時期:2020年2月上旬~3月1日(日)

原作:村上春樹
演出・振付・美術:Inbal Pinto
脚本・演出:Amir Kliger
脚本・演出:藤田貴大
音楽:大友良英

キャスト:
(演じる・歌う・踊る)
成河、渡辺大知、門脇 麦
大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ
吹越 満、銀粉蝶
(特に踊る)
大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史
鈴木美奈子、東海林靖志、西山友貴、皆川まゆむ (50音順)
(演奏)
大友良英、イトケン、江川良子

料金:S席11,000円 A席8,500円
一般発売:11月2日(土)予定

チケット取り扱い:ホリプロステージ、ホリプロチケットセンター ほか各プレイガイド

主催・企画制作:ホリプロ 
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
協力:新潮社
後援:イスラエル大使館

公演詳細はこちら
https://horipro-stage.jp/stage/nejimaki2020/