SKE48・大場美奈、“限界露出”の写真集発売!「グラビアでは須田亜香里ちゃんに勝ちたい!」

SKE48・大場美奈、“限界露出”の写真集発売!「グラビアでは須田亜香里ちゃんに勝ちたい!」

SKE48 の中心メンバーであり、辻村深月の小説「ハケンアニメ!」の舞台化で初主演も決定した大場美奈、待望のファースト写真集『本当の意味で大人になるということ』が8月2日に発売され、その発売記念イベントが8月4日、HMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、会見に登場した。

本作は、グループ在籍10年、27歳になった大場美奈が常夏の島ハワイを舞台に「今の自分」を全力で表現した最高傑作と言える仕上がりだ。

まずハワイでの撮影を振り返って、さらにメンバーから“78ページが見どころ”という投稿があったことについて答えてくれた。「わたしの希望でハワイに行かせていただいたので、テレビでハワイのイメトレとかもしました。撮影は3日間でだったんですが、天候がうれしいことに快晴だったので、(天候に)悩まされることなく楽しく撮影できました。
メンバーにはまだ誰にも見せていないんですが、後輩の2人がわざわざ発売日に買ってくださって、78ページをおすすめしてくれました。78ページは、自分の中で、誰もが見て驚くであろう1枚だなと思っておすすめです」と、撮影を振り返り、おすすめカットには自信あふれるコメントをくれた。

メンバーのおすすめではなく、大場自身のお気に入りをさらに紹介。「78ページは是非ご購入いただいて楽しんでほしい、わたしの最大露出というんでしょうか、みなさんにとって“やってるじゃん!”と思ってもらえるのがきっと78ページだと思うんです。でも、わたしの1番のお気に入りは、カバーを取った本当の裏表紙です。大胆ショットです。今回撮影するにあたって、スタッフさんに胸のカタチをほめていただいて、自分でもこんなにきれいなカタチしてるんだと驚きました。それが新しい発見でした。それが垣間見れる写真がわたしのお気に入りです。是非今回の写真集はブックカバーも外して楽しんでほしいと思います」今回の撮影で改めてバストにも自信を持てたようだ。

大場自身のお気に入りを披露

作品のタイトルはどのような経緯で決まったのだろうか。「タイトルと帯コメントはどちらも秋元先生に書いていただいて。実際タイトルも10候補くらいある中で、これを選びました」と、秋元康氏に依頼したことを披露。タイトルを選んだ理由については「ファースト写真集ということもあって、48グループで秋元先生から直々にタイトルをもらえるのこともなかなかないなと思ったので、誰もが見て秋元先生っぽいタイトル、という選び方をしました。歌詞の一説にありそうな」と理由を明かしていた。48グループ入って、数々の先輩方の写真集を見て、秋元氏のタイトルと帯コメントに憧れていた大場は、10年経って叶った喜びをかみしめていた。

タイトルにある“大人になる”という意味合いについても話してくれた。「いまいち本当の意味で“大人になる”ってどういうことだろうって考えたんですけど…これからめっちゃくだらない話します…SKEで25歳オーバーのメンバーが数人いるんですけど、そのメンバーと不意にポニーテールをすると自分たち“かわいいよね”という話をしていて。“なぜなんだろう”と思ったら、年のせいで重力に顔がちょっと負けてきてるんだなということが判明して。(髪を)アップにすると集合写真もかわいく撮れるので、“わたしたちも年取ったね”という話をしたときに大人になったなと思いました」と、ユニークなたとえで“大人になること”の印象を披露していた。

SKE48メンバーの須田亜香里から、“面白くて売れそうで悔しい”というコメントがあった。その真相はどういうことなのか。「いろいろなメンバーは、表紙の写真は、普通に“かわいいですね~”くらいの反応だったんですが、最大露出の写真となると“えっ!ここまで見せるんですか!”というので、驚いてくれてました。それを見て、須田亜香里ちゃんが、“なんか悔しい”って。わたしとしては今回の最大露出の写真は、ハワイに来たから楽しく“イエーイ”って、解放感で撮影したので、それが多分…須田亜香里ちゃんにはなかったということで悔しいって言ってくれてました」と、解説してくれた。

その須田は、大場に先行して写真集を出している。ライバル意識はあるのだろうか?「わたしから(メディアの記者さんへ)お願いです。爆死したら面白おかしく書いてください(笑)。“須田亜香里より露出しているのに、大爆死した”とか書いていただきたいし、逆に売れたら売れたで書いてほしいです。でもまじめな話、やっぱり48グループで、須田亜香里ちゃんは総選挙2位ですし、普段からすごい努力の人なので、勝てないところが多いんです。写真集はグラビア部門ではあるので、グラビアではわたしのほうが上でいたいなという勝ちたい気持ちはあります」と、メディアを中心に話題にされることに対して、正直なコメントをしてくれた。

今回の写真集で、今までのグラビアではしてこなかった3つシーンが解禁された。「今まで見せてこなかった3つのグラビアの新しい顔という裏テーマがありました。ベッドでの撮影、ランジェリーシーンもしてこなくて、シャワーで撮影したこともなかったんです。その3つが今回の写真集に入っているので、27歳の大人なセクシーなところを見てほしいです」と、グラビアでの新しい挑戦が今作で解禁された貴重な作品になっていることをアピールしていた。

最後に「わたしとしましては、デビューして10年目となります。48グループ、いろいろなメンバーが写真集を出してきて、ずっと憧れでもありました。ようやくこうしてカタチになって皆さんに届けられることが本当に幸せです。10年頑張って、意味のなかったことは一つもないんだなと、改めてこの写真集がカタチにできたことで証明できたと思うので、これを機にいろいろなメンバーも、もっともっと48グループを盛り上げるために頑張っていけたらいいなと思いますし、わたしももっと皆さんに注目してもらえる存在になっていきたいなと思います」とコメントし、会見は終了した。

健康的かつ美バストが際立つビキニ姿や、限界露出にチャレンジした衝撃のシャワーシーン、さらに初のランジェリーも披露した本作で、さらなる表現の武器を備えた大場美奈のファースト写真集『本当の意味で大人になるということ』は発売中。
SKE48チームKIIのリーダーとして、チームだけではなく、48グループをこれからますます盛り上げてくれるに違いない。

フォトギャラリー

大場美奈 ファースト写真集
『本当の意味で大人になるということ』

撮影:Takeo Dec
価格:¥1,800+税
仕様:A4 判/112 ページ
発売・発行元:株式会社スクウェア・エニックス
写真集オフィシャルTwitter@oba_first

©2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved

大場美奈(オオバ ミナ)

1992年4月3日生まれ、神奈川県出身。ニックネームは「みなるん」。2009 年『AKB48 第六回研究生(9 期生)』オーディションに合格。2013 年 SKE48 に移籍、現在は SKE48・チーム KII のリーダーをつとめる。2018 年に開催された『AKB48 53rd シングル世界選抜総選挙〜世界のセンターは誰だ?〜』では過去最高位である第8位で悲願の初選抜入りを果たした。以後、SKE48 での活動と共に TV ドラマや舞台、映画出演など女優としても活躍中。
所属事務所 HP:
http://www.japanmusic.jp/2013/05/post-386.html
オフィシャルTwitter@mina_ovo
オフィシャルInstagram@obamina 43