三吉彩花&三浦貴大の甘いダンスシーンが到着! 映画『ダンスウィズミー』本編クリップ解禁

三吉彩花&三浦貴大の甘いダンスシーンが到着! 映画『ダンスウィズミー』本編クリップ解禁

8月16日(金)より全国ロードショーされる、映画『ダンスウィズミー』より、三吉彩花と三浦貴大のダンスシーンが解禁された。

公開に先んじて海外の映画祭で上映された本作は、「こんなミュージカル観たことない!『ラ・ラ・ランド』よりエキサイティング! 今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)、「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声があがり、日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している。

この度解禁されたのは、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった、“ミュージカルニガテ女子”ヒロイン・静香(三吉)と、“嘘くさい先輩エリート社員”村上(三浦)が夜の公園で甘くトキメクダンスを披露するシーン。村上の高級車のカーラジオから流れる音楽に、ついついカラダが踊り出してしまう静香。公園はまるで2人だけのダンスステージのようにライトアップされ、甘い雰囲気の中、しっとりとしたダンスを始める。

このシーンを演じた三浦は、「今まで触れたことのないダンスの種類だったので、ものすごく大変でした。三吉さんと合わせることができるチャンスが1回か2回くらいしかなかったので1人で練習を重ねました。家に姿見などはないので、毎日夜になり外が暗くなってから、窓に映る自分の影を見ながら練習をしました」と自宅でもダンスの練習を重ねて撮影に臨んだエピソードを明かしている。一方、ほかのシーンではエネルギッシュで明るいダンスが多い三吉にとっては、三浦との情熱的なペアダンスは、大人の女性の魅力を存分に発揮しているシーンとなっており、矢口監督が多彩なダンスシーンに挑んでいることも垣間見える。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp