ミュージカル界の貴公子・柿澤勇人、ドラマ『TWO WEEKS』第4話にゲスト出演。「全力で三浦春馬くんをサポートし、守って包んであげる」

ミュージカル界の貴公子・柿澤勇人、ドラマ『TWO WEEKS』第4話にゲスト出演。「全力で三浦春馬くんをサポートし、守って包んであげる」

8月6日(火)に放送される、三浦春馬主演のドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)第4話にミュージカル界の貴公子・柿澤勇人がゲスト出演する。

ドラマ『TWO WEEKS』は、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。

原作にはないオリジナルのエピソードが描かれる第4話で柿澤が演じるのは、結城(三浦)が逃亡中に出会う男・春川役。決まった家を持たずに、ネットの株取引などで生計を立てる若者で、逃げ回る結城に一時の休息と希望を与えてくれる存在を演じる。

結城が娘のために繰り広げる決死の逃亡が描かれるこのドラマについて、柿澤は「全然先が見えない展開にハラハラしますし、結城やはなちゃんがこの先どうなるのか僕も気になっています」と語る。また、春川という人物について、「“アドレスホッパー”と呼ばれる家を持たない男です。最初はこんなに自由な人が本当にいるのかなって思いましたけど、今の若者の象徴のような存在で、演じていて楽しかったですね」と振り返った。さらに普段から親交のある三浦について「座長として突っ走っている姿が刺激にもなりますし、信頼感というか、ノンストレスで演じさせてもらいすごく感謝しています。でも、逃亡犯としてはカッコ良すぎて目立っちゃいますよって思いました(笑)。それぐらい間近で見ていてカッコ良かったです」と、座長として作品を引っ張る三浦に率直な感想を述べた。最後に、視聴者に向けて、「僕は春馬くんとしか基本的に絡みませんが、全力で春馬くんをサポートし、守って包んであげるので、その姿をご覧いただきたいですね。それと、最後に見せる僕の“ドヤ顔”にぜひご注目ください!(笑)」と、春川のラストシーンをアピールした。

数多くの作品に出演してきたミュージカルだけではなく、9月からは三谷幸喜の舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』で主演を務めるなど、今最も注目を浴びる若手舞台俳優の一人である柿澤。ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』日本人キャスト版での好演が話題を呼んだ三浦との共演は、ミュージカルファンにとっても見逃せない瞬間になるはずだ。

【第4話あらすじ】
8年前と同じように、柴崎(高嶋政伸)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城(三浦春馬)は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった――。
灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが……。
そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓(芳根京子)は、婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどりつく。さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木瞳)に報告。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。
一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑い始め……。

番組情報

『TWO WEEKS』
毎週火曜夜9時 ※初回放送日未定
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作:『TWO WEEKS』 (©MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)
出演:三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉(子役) 近藤公園 鈴木 仁 バッファロー吾郎A 原沙知絵 池田鉄洋 高嶋政伸 黒木 瞳  ほか
脚本:山浦雅大
音楽:木村秀彬
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
演出:本橋圭太、木内健人
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html