瀧内公美 R18映画『火口のふたり』絡みのシーンを語る。「柄本さんが上手くエスコートしてくれました」

瀧内公美  R18映画『火口のふたり』絡みのシーンを語る。「柄本さんが上手くエスコートしてくれました」

8月23日(金)より全国公開される、映画『火口のふたり』の完成披露試写会が、8月6日に神楽座にて行われ、主演の柄本 佑、瀧内公美、荒井晴彦監督が登壇した。

オフィシャルレポート

出演者が賢治と直子のふたりだけというのが魅力の1つで、映画ならではの演出や表現を色濃く感じることができる本作。出演者をふたりに限定した意図について、荒井監督は「予算がなかったからです」と回答し、会場を沸かせつつも「原作自体もふたりの物語。直子の結婚相手も出てきますが姿は出てこない。原作もそうなんです。だから賢治と直子のふたり以外は出さないようにしようと考えました」と説明した。

柄本は、荒井監督の脚本を「登場するのがふたりだけということもあり、洗練された物語の面白さを感じました。原作を読まずにまず脚本から読んだのですが、永原賢治という男の“身体の言い分に従う”という決断に面白さを感じました」とコメント。瀧内は、「絡みのシーンも『ここでキスをする』や『このセリフの間で手を回す』などこと細かく脚本に書いてあり、指示書のような脚本でした。ある意味それが演出のようで、挑戦しがいのある脚本でした」と語った。

また、緻密な動きとカメラワークで成り立つ本作だが、荒井監督が「原作に書いてあるから」と言うと、柄本は「荒井さんの書いたセリフだと思いながら読んでいましたが、原作読んでみたらセリフが小説のままだったので、『えー』とは思ったのですが、小説のセリフ全てを載せられるわけではないので、あれは荒井監督のテクニックですね。セリフの抽出の仕方が荒井さんだからこそのもの!」と絶賛。それに対し、荒井監督も「どこを捨ててどこを拾うかで個性が出ます。そうやっているうちにあたかも自分のようにしてしまいます(笑)」と、脚本術を披露しながら笑いを誘った。

瀧内は「絡みのシーンは動きがアクションのように難しかったのですが、柄本さんが上手くエスコートしてくれました」と、撮影中のエピソードを披露。柄本も「ふたりの関係性をお芝居の中で作り上げていく中で、瀧内さんの男らしくどしっと構えていてくれる姿に安心感がありました」と瀧内の度胸を称賛。現在公開中の映画『アルキメデスの大戦』で主演の菅田将暉とのバディが話題の柄本だが、「バディ感は、こちらが断然上!」と語り、瀧内も「こっちは裸になってますからね」と信頼関係で固く結ばれたバディであることを強調した。

続いて、印象的だったことについて、瀧内は「監督は、絡みのシーンと食事のシーンだけはものすごく厳しかったです」とコメント。「バクバク食べろ」と荒井監督に指示されたふたりだが、アクアパッツァが食べにくく、なかなか箸が進まなかったとのこと。荒井監督も「飯の時と裸の時だけだな、俺が仕事したのは(笑)」と冗談交じりに話し、場を和ませた。

そして、ふたりの関係性の構築については、柄本が「盆踊りのシーンの撮影から始まり、その次に本作で登場する賢治と直子が付き合っていた頃のアルバムの写真を撮りました」と語ると、瀧内は「その時の時間がすごく良かった」と振り返った。さらに、柄本は「過激な写真なのですが、本作のスチールを担当した写真家の野村佐紀子さんがその空気を作ってくださり、過去と何年後かに再会して始まる本作のように、撮影もアルバムの写真を撮影してその一ヶ月後くらいに本編の撮影に入ったので、青春時代のふたりを疑似体験できました」と回想。瀧内も「絡みのシーンも多く緊張もしましたが、カメラマンの川上さんが絶対に綺麗に撮りますと約束してくださり、スタッフ全員が空気を作っている現場でした」とコメントした。

また、柄本が「結婚前に昔の恋人に会いたくなる気持ちは正直分からないですね」と言うと、瀧内は「20歳くらいの知り合いの女の子も鑑賞後に『元彼に会いたくなった』話しており、忘れられない恋愛の話で盛り上がったそうです。女子同士で話たくなる映画なんだなと思いました」と述懐。荒井監督は、「これは敗者復活戦に勝つ話。だから女性は気持ちいいのでは?」と鋭い見解を述べ、会場を笑わせた。

作品情報

『火口のふたり』
8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開

【STORY】
十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。
そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。
蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。
「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」
直子の婚約者が戻るまでの五日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は―。

出演:柄本 佑 瀧内公美
脚本・監督:荒井晴彦
原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
音楽:下田逸郎                                    
製作:瀬井哲也 小西啓介 梅川治男
エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎 森重 晃
プロデューサー:田辺隆史 行実 良
企画:寺脇 研
企画協力:河出書房新社
撮影:川上皓市
照明:川井 稔・渡辺昌
録音:深田 晃
装飾:髙桑道明
衣装:小川久美子
美粧:永江三千子
編集:洲﨑千恵子
助監督:竹田正明
制作担当:東 克治
特別協力:あきた十文字映画祭実行委員会 横手フィルムコミッション 秋田フィルムコミッション研究会
製作:「火口のふたり」製作委員会
制作プロダクション:ステューディオスリー
配給:ファントム・フィルム
レイティング:R18+
©2019「火口のふたり」製作委員会

オフィシャルサイト
kakounofutari-movie.jp

『火口のふたり』原作