球場に遊びにきた素人ファンがMLBと契約!? 嘘みたいな本当の話がSNSで大拡散

球場に遊びにきた素人ファンがMLBと契約!?  嘘みたいな本当の話がSNSで大拡散

SNSが発達した現代。誰もが情報を発信できるが故の“シンデレラ・ストーリー”がアメリカで生まれた。

話題となっているのはMLBのチーム、オークランド・アスレチックスが結んだとある契約について。今月、アスレチックスは23歳の右投げ投手、ネイサン・パッターソンと契約を結んだことを発表した。熱心なMLBファンであれば、契約にこぎつけるほどの若手有望選手の名前くらいなら聞いたことがあるかもしれないが、この選手について知っている人はほとんどいないだろう。なぜなら、彼は球場に遊びに来ていただけの、いわゆる素人なのだ。

パッターソンがMLBから注目されるようになったのは、とあるSNS投稿がきっかけ。ある日、パッターソンは兄弟でロッキーズのホームスタジアムであるクアーズ・フィールドに観戦に行ったという。そこで、ファン向けに開催されていた、スピードガンチャレンジに参加したところ、なんと96マイルの記録を計測したのだ。

勘違いしないでいただきたいのは球速の単位。「96km/h」ではなく「96-mph」。つまり、km表示で約154 km/hという、プロの一流ピッチャーと遜色のない数値をたたき出した。このスピードガンチャレンジの様子を、兄がSNSで公開したところ、MLB関係者の目にとまり本当に契約を交わしてしまったというわけ。

SNS時代が生んだ、“現代のシンデレラ・ストーリー”には各メディアも大注目。CNNが取り上げるなど、世界を巻き込んでの注目のトピックとなった。各メディアが、パッターソンの動画や契約の様子をSNSに公開すると、コメント欄は大いに賑わい、「次は僕の番だ!」「この秋、ネットフリックスに登場しそうなストーリーだ」といった、声が多数届いた。

View this post on Instagram

“How can you not be romantic about baseball” -Billy Beane Words cannot describe this feeling and I cannot thank everyone enough who has been part of this journey so far! My family has given me nothing but constant love and support throughout the last 9 months as I pursue a dream of mine that I’ve had since I was a little kid. It’s been a roller coaster to get here with many challenges and overcoming adversity. I’m grateful for all the trainers, coaches, friends, @rsrbaseball and everyone else who has supported me thus far! And for those who tell you that you can’t achieve your dreams, use that as fuel to work even harder. Because those people are the ones that settle. I’m grateful for the @athletics organization for giving me this opportunity! This story is not over. It is not the beginning. I am writing the next chapters and excited for this journey! Time to focus even more, work even harder, and it all starts with your mindset. Go after your dreams and make them a reality!

A post shared by Nathan Patterson (@njpatterson12) on

パッターソンも、自身のSNSを更新。「言葉にできない喜び」「アスレチックスに感謝します」と喜びと感謝のコメントを綴った。彼がどこまでの実力を持っているのかは未知数。MLBでは契約したものの、すぐに放出されてしまうケースも多々あるため、彼がメジャーのマウンドに立てるかどうかはまだわからない。しかしながら、このシンデレラ・ストーリーの行く末をワクワクしながら見守りたいものだ

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO