三月のパンタシア、夏の新企画「8時33分、夏がまた輝く」、ED「恋はキライだ」のティザー映像(サビVer.)公開&活動4周年記念のLINE LIVEが決定!

三月のパンタシア、夏の新企画「8時33分、夏がまた輝く」、ED「恋はキライだ」のティザー映像(サビVer.)公開&活動4周年記念のLINE LIVEが決定!

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。昨年8月に開始し、みあが書き下ろす小説を軸に、「音楽×小説×イラスト」を連動させた、三月のパンタシアの自主企画『ガールズブルー』の今夏の最新企画「8時33分、夏がまた輝く」は、現在みあのオフィシャルTwitterにて小説の前編が連載され、その物語の主題歌となる「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」がYouTube上で公開しており、話題を集めている。

そんな、三月のパンタシアが最新企画「8時33分、夏がまた輝く」のにエンディング曲となる「恋はキライだ」のサビ部分を使用したティザー映像を解禁した。今回の楽曲は、作詞・編曲を堀江晶太、作曲を堀江晶太とhiraoが担当している。夏の夕暮れを感じさせるノスタルジーなイントロが印象的な楽曲になっているので、気になる方はぜひ三月のパンタシアの公式YouTubeチャンネルでチェックしてほしい。なお、「恋はキライだ」のフルサイズのリリックビデオは、8月26日(月)に公開されるようなので、その瞬間を楽しみに待とう。

「恋はキライだ」は、リリックビデオ公開と同日の8月26日(月)0:00~音源が配信されることも決定している。現在iTunes Storeでは配信事前予約を受付中。

そして、8月16日(金)、三月のパンタシアが活動を開始して4周年という記念日にLINE LIVEを行うことも解禁された。放送は20時からスタートし、放送中にはなんと、三月のパンタシアから重大発表があるとのこと。

「8時33分、夏がまた輝く」は東京生まれ、東京育ちの消極的な性格の主人公:葵(アオイ)がひょんな事から、小豆島に住む、叔母のカフェを夏休みの一か月限定で手伝うことになり、そこで出会ったのは天真爛漫でマイペースな悠ちゃんと小豆島の自然の美しさに触れ、だんだんと心が変化していく物語。

作品情報

「8時33分、夏がまた輝く」あらすじ
2019年。令和元年。17歳、夏。
東京生まれ、東京育ちの消極的な性格の主人公:葵(アオイ)はひょんな事から、小豆島に住む、叔母のカフェを夏休みの一か月限定で手伝うことに。

そこで出会ったのは天真爛漫でマイペースな悠ちゃん。

小豆島の自然の美しさに触れつつ、くるくると目まぐるしく表情を変えていく悠ちゃんに、葵はだんだんと目が離せなくなって——-

配信情報

三月のパンタシア 活動開始4周年記念&何やら発表もあるかも!生放送
8月16日(金)20:00~
視聴はこちら

iTunes Storeにて『恋はキライだ』 配信事前予約受付中 詳細はこちら

主題歌『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』 配信中 DLはこちら

<三月のパンタシア プロフィール>
“終わりと始まりの物語を空想する”ボーカリスト「みあ」による音楽ユニット。どこか憂いを帯びた「みあ」の歌声で紡がれるストーリーが、ときに優しく、ときに切なく、聞き手の心に寄り添い多くの共感をよぶ。

2016年6月1日にTVアニメ『キズナイーバー』のエンディングテーマ「はじまりの速度」でメジャーデビュー。
2018年11月21日には6枚目となる「ピンクレモネード」(TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」オープニングテーマ)をリリース。 “音楽×小説×イラスト”を連動させた自主企画『ガールズブルー』をWeb上で展開。2019年3月13日に企画『ガールズブルー』をテーマにした、最新アルバム「ガールズブルー・ハッピーサッド」をリリース。6月に開催した、アルバムと同名のタイトルとなるワンマンライブは即日SOLD OUT。いま最も注目される音楽ユニットの一つになっている

三月のパンタシア オフィシャルサイト
http://www.phantasia.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by リスアニ!WEB