『劇場版おっさんずラブ』浴衣姿で全員集合! 田中 圭&林 遣都の仲良しぶりに吉田鋼太郎が嫉妬

『劇場版おっさんずラブ』浴衣姿で全員集合! 田中 圭&林 遣都の仲良しぶりに吉田鋼太郎が嫉妬

8月23日(金)より全国東宝系にて公開される、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のレッドカーペットイベント“おっさんずフェス”が、8月13日に六本木ヒルズアリーナで開催され、田中 圭、林 遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊 淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎、瑠東東一郎監督が参加した。

オフィシャルレポート

約700人のファンが待ち受ける中、キャストと監督全員が艶やかな浴衣姿で、人力車に乗って登場し、会場は冒頭からヒートアップ。田中らキャストも、ファンたちに向かってカラーボールを投げ入れるなど大いに盛り上げた。

ドラマ版の大ブームから1年2カ月。平成最後の春に行われた映画版ロケを田中は「本当に毎日が楽しかった。特にお泊りロケが楽しかったよね」と林に話を振って、「初めて真面目な話をしたよね」と振り返ると、林は急に「平成最後の満月の夜でしたよね」とロマンチックモード。すると吉田が「俺は泊っていない。いつも2人が仲良くしているんだよねぇ」と物語さながらの嫉妬劇を繰り広げていた。

また、林は「全シーンみなさん120%でやっているので、どんな映画が完成するのか楽しみでした。見どころは花火のシーン。エキストラのみなさんが『おっさんずラブ』愛を持っていてくれて、作品の一部として細かい演技を披露してくれています」と参加したファンに感謝。吉田は「僕と圭と遣都と沢村さんと志尊が出ているサウナのシーンは、ある意味で大変でした。撮影後は凄くやり切った感があって。そのサウナシーンはお楽しみに……。色々な意味でね」と意味深に発言。すると沢村は「そのシーンはDVD化の際にモザイクが入るけれど、劇場版ではモザイクなしでお届けします。だから絶対に映画館に足を運んだ方がいいよ! 劇場版はノーカット。R18指定にならないように頑張りました」と“エロ男爵”を降臨させ、田中から「適当なこと言わないの!」と柔らかく注意されていた。

新参者の志尊は「サウナシーンの前に僕と鋼太郎さんと圭くんの3人芝居があるのですが、そこで僕は『おっさんずラブ』の洗礼を受けたと思うほど、面白いシーンになりました」とコメント。続けて、「僕と鋼太郎さんの愛が田中さん演じる春田さんに向かって行くのですが、そこで何かが起きます。それがとても面白くて……。鋼太郎さんのアドリブには度肝を抜かれました」と衝撃を予告した。

内田は「劇場版で『わんだほう』が新装開店しました。無駄に広くなって多国籍感が凄い。あと椅子が座りにくくなりました」と謎情報を提供。眞島は役作りについて「劇場版のお話をいただいたときから、ストレッチを開始しました」と語った。大塚は「この作品で役としても自分としても新しい一歩を踏み出せたかな? というところがあります」と告白。金子は「男としての覚悟を持って演じました。それを見てほしい」と緊張気味に打ち明けた。

劇中で繰り広げられる金子と大塚との恋愛模様に対して、田中が「鋼太郎さんは部長として、大塚寧々さんとの2人の恋は応援するの?」と聞くと、吉田はすかさず「個人的に大塚寧々さんのファンなので、焼きもちを妬いています!」と嫉妬していた。

伊藤は「私がどんな楽器を演奏しているか、お楽しみに」とニヤリ顔。劇中で歌唱シーンがあるという児嶋も「長渕 剛さんが好きで中学時代に始めたギターがここで活きるとは……。長渕さんの曲をパクッて作曲もしました。ぜひ長渕さんに観てほしい」とダイレクトにラブコールを送っていた。

瑠東監督は、本作について「120%の熱量ある芝居が撮れたという手応えがある。笑いにしろ、愛情にしろ、熱すぎるくらいに楽なく演じてもらった作品です」と自信たっぷり。田中はレッドカーペット参加の倍率40倍、試写会の倍率250倍という驚きの事実に触れて「みなさんに支えられて成長して1年2ヶ月のときを経て、誰も欠けることなくパワーアップして戻って来られました! 劇場版は僕らのできるすべの笑いと愛情を詰め込みました。去年のドラマのように劇場版も大きくなっていけば日本ももっと温かくなるのではないかと本気で思います。早く観てもらいたい! そして僕らの想いをみなさんに託します!」と公開後の反響に期待を込めた。

その後、ドラマ版と劇場版の主題歌を担当しているスキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)によるライブイベントが開催。900人の観客が詰めかけ、さらにキャスト陣が飛び入り参加した。舞台袖でライブの熱気を体感した田中は「最高ですよ!」と大興奮で、「スキマさんとは『おっさんずラブ』と共に歩んできたわけで、僕はずっと歌っていました。遣都のモノマネで……」とジョーク。また、吉田は「僕は『おっさんずラブ』の中で唯一の本物のおっさんです」と饒舌で、「劇場版はスキマスイッチさんの歌がガンガン盛り上げてくれています!」と嬉しそうに語った。

最後に、金子が「おっさんずラブを愛してくださるみなさん、アリよりのアリですっ!」と、自身の演じる栗林歌麻呂が放つキメ台詞でさらに盛り上げると、志尊も同じく「みなさんジャスティース!」と、自身が演じる山田正義(ジャスティス)の代名詞とも言える台詞で応戦。そして、田中も「スキマさんのおかげで“おっさんずフェス”最後のイベントも大盛り上がり。改めて音楽の力を感じました」と喜びの顔をみせ、「映画の公開がもうすぐなので……“すぐだお”なので、映画館に……行ってみ~」と演じる春田創一役風にアピール。スキマスイッチの大橋は「本当に劇場で楽しんでほしい! 僕らは音楽という形で少しだけ支えているけれど、映画はメチャメチャ面白いです!」と集まった大勢のファンに向けて、メッセージを贈った。

作品情報

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
8月23日(金)全国東宝系にてロードショー

監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中 圭 林 遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 沢村一樹 志尊 淳 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース
©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

【STORY】
「おれと結婚してください!」永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中 圭)。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、おなじみのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊 淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴 迅(沢村一樹)は、春田たちに即刻営業所から立ち去るよう言い放つ。その側にはなんと、本社に異動した牧 凌太(林 遣都)の姿も。そして、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。激しく動揺する春田と、そんな春田を元気づけるジャスティス。さらに、あの日終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付いて……。

―――神さま、あの日誓った永遠の愛とは一体、何だったのでしょうか……? ハッピーエンドを迎えたはずの彼らにこの夏、最大のピンチが訪れる。前代未聞のおっさんたちのラブ・バトルロワイアル(五角関係)。その幕が、ついに切って落とされた―。

オフィシャルサイト
https://ossanslove-the-movie.com/