“伝説の物語”の源が明らかに。『トールキン 旅のはじまり』本編映像の一部が公開

“伝説の物語”の源が明らかに。『トールキン 旅のはじまり』本編映像の一部が公開

世界中で社会現象を巻き起こした冒険ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』三部作の原作者、J・R・R・トールキンの前半生を描く映画『トールキン 旅のはじまり』より、本編映像の一部が解禁された。

本作では、母親を介しての物語との出会いや、母親の死、学校での生活、親友たちや恋人との出会い、戦争での過酷な体験など、世界中で愛されているトールキン作品群に影響を与えた、J・R・R・トールキンの前半生が描かれる。トールキンを演じるのは、『女王陛下のお気に入り』、「X-MEN」シリーズのニコラス・ホルト、彼のミューズとなるエディスには『あと1センチの恋』のリリー・コリンズ。そして、監督にはフィンランドが誇る注目の才能ドメ・カルコスキと、今後の映画界を牽引する気鋭のスタッフ・キャスト陣が集結した。

今回解禁されたのは、トールキンが大学で後の生涯の恩師となるライト教授と出会い、授業を受けたいと懇願する場面。トールキンはオックスフォード大学に在籍し、最初の2年は古典を専攻したものの、あまり勉学を楽しむことができずにいた。しかし、ライト教授と出会い、後の2年間は言語学を専攻。それからは水を得た魚のようにトールキンは言語の研究へとのめり込み、言語創造への基礎を築いていく。

ライト教授を演じるデレク・ジャコビは、「トールキンとライト教授は似た者同士でした。お互いに感情・詩・言葉の力に強い興味を持っていた。トールキンにとってライト教授は言葉への情熱を分かち合える唯一の存在であり、そういう人がいるだけでもトールキンの大きな励みになっていました。」と語っており、ライト教授はトールキンにとって指導者でもあり、心の支えでもあったことが伺える。また、トールキンが口にする“ヘルへイマ”は、切磋琢磨する友人たちと誓いあった、勇気を奮い起こす合言葉。トールキンは一度教授に断られるものの、合言葉を口にして再び自身を奮い立たせる。教授に手渡す手帳、それこそが“伝説の物語”の源であり、自身の進む道へのカギとなっている。

映画『トールキン 旅のはじまり』は8月30日(金)より全国公開。

作品情報

『トールキン 旅のはじまり』
8月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

監督:ドメ・カルコスキ(『トム・オブ・フィンランド』)
キャスト:ニコラス・ホルト、リリー・コリンズ、デレク・ジャコビ、アンソニー・ボイル、パトリック・ギブソン、トム・グリン=カーニー
全米公開:5月10日(英公開:5月3日)
原題:TOLKIEN
配給:20世紀フォックス映画
©2019 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/tolkienmovie/
オフィシャルTwitter
@foxsearchlightj
オフィシャルFacebook
@FoxSearchlightJP
オフィシャルInstagram
@foxsearchlight_jp