『TWO WEEKS』第一章完結! 三浦春馬「恐ろしかったです(笑)」。高嶋政伸とのシーンを振り返る

『TWO WEEKS』第一章完結! 三浦春馬「恐ろしかったです(笑)」。高嶋政伸とのシーンを振り返る

8月13日に放送された、三浦春馬主演のドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)第5話での結城と柴崎の緊迫シーンを振り返り、三浦春馬からコメントが到着した。

はなを救うため孤独に逃亡する結城(三浦春馬)と、極悪人・柴崎(高嶋政伸)の秘密と殺人事件の真相を探る楓(芳根京子)、それぞれの視点から物語が進行していた「第1章」が第5話で完結した。

かつては自らが楓の父親を刺した事件で、身代わりとして結城を出頭させ、そして今再び結城に殺人の濡れ衣を着せたうえに、殺し屋・灰谷(磯村勇斗)を使って逃亡中の結城を追い詰めていく柴崎。“毒蛇”と称される冷徹な男を演じる高嶋とは、第1話以来の共演となった三浦。第5話での高嶋との共演について、「お互い気持ちがあって、すごい熱量でしたね」と至近距離で行われた緊迫の芝居を振り返った。さらに、「ひとつひとつの芝居について丁寧に事前に説明してくださいますし、こだわりを持って一緒に作りたいという強い思いを感じた現場でした」とコメント。また、柴崎の鬼気迫る表情を誰よりも近くで見た感想を「恐ろしかったです(笑)」と明かした。

緊迫したやりとりや激しいアクションが続くドラマだが、撮影現場は敵役・味方役の分け隔てなく、和気あいあいとした雰囲気そのもの。公式Instagram(@twoweeks_ktv)や公式Twitter(@twoweeks_ktv)では、撮影の合間で撮影されたオフショット動画や写真、さらには三浦春馬、芳根京子、三浦貴大といったカメラを趣味に持つ出演者たち自身が撮影した本格的な写真(ハッシュタグ「#TWOWEEKS写真部」)も話題を呼んでいる。なかでも、三浦春馬と稲垣来泉の“親子”動画は、本当の父と娘のような仲の良さが垣間見えるほほ笑ましいやりとりが反響を呼んでいる。

「第2章」に入るドラマ『TWO WEEKS』。今後の展開からも目が離せない。

番組情報

『TWO WEEKS』
毎週火曜夜9時 ※初回放送日未定
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作:『TWO WEEKS』 (©MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)
出演:三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉(子役) 近藤公園 鈴木 仁 バッファロー吾郎A 原沙知絵 池田鉄洋 高嶋政伸 黒木 瞳  ほか
脚本:山浦雅大
音楽:木村秀彬
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
演出:本橋圭太、木内健人
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html