日本映画界を支える名優たちが魂の熱演!『楽園』新場面写真が解禁

日本映画界を支える名優たちが魂の熱演!『楽園』新場面写真が解禁

10月18日(金)に全国公開される、綾野 剛主演の映画『楽園』より新たな場面写真が解禁された。

本作は、『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の最高傑作と評される『犯罪小説集』を、名匠・瀬々敬久が映像化したもの。綾野のほか、杉咲 花、佐藤浩市、柄本 明、村上虹郎など、豪華俳優陣が集結している。

今回解禁となったのは、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣そして柄本 明と日本映画界を支える錚々たる顔ぶれが熱演を見せている場面写真。村上は杉咲演じる紡に思いを寄せる幼馴染の”野上広呂”を演じ、片岡は同じ集落に住む佐藤演じる善次郎の身を案じる”黒塚久子”を演じている。

また、黒沢が演じるのは綾野演じる豪士の母親”中村洋子”。善次郎に押さえられながら何かを叫ぶ姿を写し出しており、まさに魂を込めた熱演を披露している。そして石橋が演じるのは善次郎の亡き妻“田中紀子”。Y字路で失踪した少女の祖父である“藤木五郎”を演じた柄本の激昂している表情、電話を受ける五郎の妻・朝子(根岸)の不安で曇った表情は見るものにより一層の緊張感を与える。

さらに綾野、杉咲、佐藤それぞれの新規カットも併せて解禁となった。ひどく怯えた様子の豪士、村の人には言えない秘密を抱えながらも村の行事に参加している紡、不遇の中でも安らぎのひと時を愛犬・レオと過ごす善次郎。そんな豪華キャスト陣が感情剥き出しの演技で本作の重厚で複雑なドラマを見事に創り上げている。

【STORY】
豪士(綾野)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。

作品情報

『楽園』
10月18日(金)全国公開

原作:吉田修一「犯罪小説集」 (KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
出演:綾野 剛 杉咲 花 村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本 明 佐藤浩市
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会

オフィシャルサイトhttps://rakuen-movie.jp/

犯罪小説集』原作