映画『決算!忠臣蔵』に中村組の最終兵器・阿部サダヲ出演決定! 堤 真一「君のせいで皆がこんな大変な目に遭うんやで」と恨み節も

映画『決算!忠臣蔵』に中村組の最終兵器・阿部サダヲ出演決定! 堤 真一「君のせいで皆がこんな大変な目に遭うんやで」と恨み節も

11月22日(金)に全国公開される、堤 真一と岡村隆史のダブル主演映画『決算!忠臣蔵』に阿部サダヲの出演が決定した。

日本の冬の代名詞として、これまで300を超える映像作品が制作されてきた「忠臣蔵」。本作は、そんな「忠臣蔵」史上初、討ち入りするのに「実は、超、お金がかかる!」ことを描いた作品だ。出演者には濱田 岳・横山 裕・荒川良々・妻夫木聡・竹内結子・石原さとみ・西村まさ彦・橋本良亮(A.B.C-Z)・寺脇康文ら日本を代表する豪華俳優陣に加え、お笑い界からは西川きよし・桂 文珍・木村祐一・村上ショージ・板尾創路というレジェンド級のキャストが集結している。

今回出演が決定した阿部の役どころは、赤穂藩藩主・浅野内匠頭。浅野は、“濁ったものを清くする”ことがモットーの一本気な性格が故に、賄賂まみれの吉良上野介に江戸城で斬りかかり、即日切腹。その結果、藩はお取り潰しとなり、残された赤穂浪士たちがその仇を討つため、吉良邸へ討ち入りをすることに…。いわば、忠臣蔵の物語の全てのきっかけを作った人物である。この人のためならば命を懸けてもいい、と思わせるような不思議な魅力のある内匠頭を熱演する。

そして『舞妓Haaaan!!!』以来、13年ぶりの共演となった堤から「君のせいで皆がこんな大変な目に遭うんやで」と恨み節を言われながらも、変わらず息はピッタリだったという。

【阿部サダヲ コメント】
中村組に参加させていただくのは今回で3作目なのですが、何故か毎回「真面目な人」役を頂きます。今回の浅野内匠頭も凄いです。(笑)中村組に少しでも参加できて嬉しかったです! でもその少しが皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね。すみません、切腹してしまったので知りませんが。(笑)面白いです『中村組忠臣蔵』。

【中村義洋監督 コメント】
今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかったんですが、大河主演ですし、こちらの撮影は京都ですし、無理かなあと思っていたところ、何とか調整して頂きご出演が叶いました。朝イチ、本気の「この間の遺恨、覚えたるかー!」という、障子紙が震えるほどの怒声を聞いたら、やって頂けて本当に良かったと思うと同時に、これは是が非でも討ち入りしなきゃなと、スタッフ一同、四十七士のような感慨を抱いたものです。

【池田史嗣プロデューサー コメント】 
赤穂事件は、この殿様が突然キレてしまったことが全ての始まり。その実像は諸説あって、「正義感が強くて繊細な良い人説」から「いきなり癇癪を起こす病み気味のヤバい人説」まで。しかも我々の忠臣蔵はコメディなので、笑いが必要。そんな役ができるのは今や大河主演の国民的俳優にして中村組の最終兵器・阿部サダヲさんしかいないという意見で監督と完全合致。おそらく忠臣蔵史上(色んな意味で)最もヤバい浅野内匠頭でした。とびきりキュートで魅力的なサダヲさんがやらかしてしまったせいで、堤さん岡村さん以下オールスターズ全員が困り果てるところから始まる今回の忠臣蔵。冒頭からテンション高めにスタートします。どうぞご期待くださいませ。

【STORY】
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度の据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!? こんな忠臣蔵見たことない! 涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

作品情報

『決算!忠臣蔵』
11月22日(金) 全国公開
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
出演:堤 真一 岡村隆史 濱田 岳、横山 裕、妻夫木 聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ 木村祐一、板尾創路、村上ショージ
ほか
監督・脚本:中村義洋
製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
製作幹事:松竹株式会社、吉本興業株式会社
配給:松竹株式会社
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 

オフィシャルサイト
http://chushingura-movie.jp/

オフィシャルtwitter
@chushingura_mv

オフィシャルFacebook
@chushingura.movie

原作書籍

「忠臣蔵」の決算書
著:山本博文 出版社:新潮社