「新たなトビラを開くことができました」。映画『ダンスウィズミー』chayが女優開花で鬼の形相に!? ドレス姿で走り出す場面写真解禁

「新たなトビラを開くことができました」。映画『ダンスウィズミー』chayが女優開花で鬼の形相に!? ドレス姿で走り出す場面写真解禁

現在全国公開中の、矢口史靖監督の最新作『ダンスウィズミー』で、“ワケありストリートミュージシャンの洋子”を演じるシンガーソングライター・chayの新たな場面写真が解禁された。

本作で女優初挑戦となったchayは、劇中でもギター片手に美声を披露。静香(三吉彩花)と千絵(やしろ 優)と一緒に歌うシーンでは、ノリノリの2人にあわせ軽快に歌っており、観るものすべてを引き込む愛らしい表情を見せている。

そんなchayが今作で開花させたのが、矢口が“ブラックchay”と呼ぶ新たな女優としての一面。キャスト抜擢の理由を「洋子の役は非常に特殊な役で、ストリートミュージシャンとしてきちんと歌えなければいけないんです。それをしっかりとこなせる人じゃないとダメなんです。chayさんのマネージャーさんからは、芝居ができないんですよって前もって言われていたんですが、chayさんには何かあるぞーって思って」と語る矢口は、オーディションの時点から“ブラック”な一面に期待を寄せていたようだ。

今回解禁となったのは、そんな“ブラックchay”が垣間見えるとある場面写真。洋子に言われるがままパーティに参加することになった静香と千絵。3人で一緒に歌を披露するも、洋子はだんだんと様子がおかしくなっていきしまいには大暴れ。鬼の形相でギターを持ち、なりふりかまわず走り出しており、洋子をここまで豹変させた出来事が気になる一枚となっている。

chayは洋子について、「洋子に昔の自分が重なって…ほぼ素のまま自由に演じさせてもらいました!」と自らの経験に重ね合わせ演技をしたことを告白する一方、「あのシーンのために、普段は大好きでよく行っているマッサージなどを我慢して、リフレッシュせずに撮影日を迎え、カメラの前で爆発させました! この撮影で新たなトビラを開くことができました」と役作りのために我慢を重ねたことも明かしている。これまで、妻夫木 聡や上野樹里、綾瀬はるかなど数多くのスターを輩出してきた矢口が、今回はchayをどのようにして“ブラックchay”としてスクリーン上で躍動させるのか期待が高まるばかりだ。

三吉彩花のインタビュー記事はこちら

矢口史靖作品の主演を射止め新境地を開いた最旬女優・三吉彩花の転機。「インドに呼ばれました」

矢口史靖作品の主演を射止め新境地を開いた最旬女優・三吉彩花の転機。「インドに呼ばれました」

2019.08.13

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp