「ラストは最高だ」(スティーヴン・キング)。映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』IMAX、4D版などの上映が決定

「ラストは最高だ」(スティーヴン・キング)。映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』IMAX、4D版などの上映が決定

11月1日(金)より全国公開される、大ヒットホラー映画『IT/イット』の続編にして完結作『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の場面写真が解禁。2D(字幕版&吹替版)、4D、IMAX®、DOLBY CINEMA、ScreenXなど、各上映フォーマットにて公開されることも決定した。

完結編の舞台は、前作から27年後。次々と子供たちが消える「連続児童失踪事件」が再び発生し、「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という不穏なメッセージが、かつて“それ”と対峙した27年後の子供たちに届く。「再び“それ”が現れたら僕たちも戻る」と誓った27年前の<約束>を守るため、忌まわしき町デリーに帰ってくるビルをはじめとしたルーザーズ・クラブの仲間たち。なぜ再び“それ”は現れたのか? 27年前の連続児童失踪事件の真相とは? そして、“それ”の正体、目的とは? 町全体を恐怖のどん底に陥れ次々と襲い来る“それ”から、彼らは生き延びることができるのか!? すべての謎が明らかになるとき、全世界が絶望的な恐怖に飲み込まれる――。

そして今回解禁となった場面写真には、暗闇で不気味な笑みを浮かべる“それ”や、鏡に映る7人のルーザーズ・クラブの子供たちの姿が。また、27年後に円卓を囲み再会を祝う6人のルーザーズ・クラブの仲間たちも確認できるが、もう一人の姿が見当たらない……。

原作者スティーヴン・キングはクライマックスについて、「ラストは最高だ」と大絶賛のコメントを自身のTwitterに投稿している本作。各上映フォーマットそれぞれで楽しめる映像体験にも期待がかかる。

なお、9月17日(火)には「映画秘宝ナイト in IMAXレーザー」と題し、新規オープンしたばかりのグランドシネマサンシャインにて、日本最速上映となるジャパンプレミアが開催決定。本編上映の前後には、町山智浩と高橋ヨシキによる恐怖の解説夜話も行われる。

イベント情報

「映画秘宝ナイト in IMAX®レーザー」
開催日時:9月17日(火)18:40開場/19:00開演(予定)
会場:グランドシネマサンシャイン
(東京都豊島区東池袋1-30-3 キュープラザ池袋)
料金:3,700円(全席指定)
※8月24日(土)11:00より、チケットぴあプレリザーブにて全国一斉発売。

作品情報

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
11月1日(金)IMAX®/4D/吹替版 同時公開

監督:アンディ・ムスキエティ 原作:スティーヴン・キング
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
出演:ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

オフィシャルサイト
http://itthemovie.jp
オフィシャルTwitter
@IT_OWARI