“ヘンな家族”に釘付け! 映画『感染家族』ビハインド映像が解禁

“ヘンな家族”に釘付け! 映画『感染家族』ビハインド映像が解禁

8月16日に公開を迎えた、映画『感染家族』のビハインド映像が解禁された。

「ジャンルファン以外にも響く快作」「新旧ゾンビ映画愛が詰め込まれている」「デビュー作とは思えない完成度」「ゾンビ界に新ヒーローが誕生した」など、SNSでの絶賛が相次いでいる本作。この度解禁された映像では、叫び声を上げながら走るチョンビ(チョン・ガラム)、セリフを噛んで笑いが堪えきれない次男ミンゴル(キム・ナムギル)、空きペットボトルをミンゴルに命中させてしまう長男ジュンゴル(チョン・ジェヨン)など、役柄と俳優のギャップが楽しめる。

イ・ミンジェ監督の指揮のもと、それぞれの個性を爆発させた家族たち。本編で見せる崖っぷち感はどこへやら、実の家族さながらの、和気藹々とした現場の空気が感じられる。長男の妻で一家の影のリーダーであるナムジュ役のオム・ジウォンが「ヘンな家族よね」と〆るとおり、一人一人のキャラクターも強烈で目が離せない。

【STORY】
田舎の寂れたガソリンスタンドで暮らすパク一家。定職もなくその日暮らしの彼らは、突然現れたゾンビ(チョン・ガラム)に噛まれた父親マンドク(パク・イナン)が若返ったのを見て、一攫千金の<ゾンビビジネス>に乗り出す。日和見主義の長男ジュンゴル(チョン・ジェヨン)と妊娠中の妻ナムジュ(オム・ジウォン)、口八丁の次男ミンゴル(キム・ナムギル)、芯の強い末娘ヘゴル(イ・スギョン)ら、適材適所の家族運営で若返りの依頼人も日々増えていく。ついにはガソリンスタンドの再建にも成功、一見順調なビジネスだったが、若返りを果たした人々に思わぬ副作用が勃発してしまう。そしてゾンビと化した人々が次々に道行く人を襲い、大群となってついにガソリンスタンドにも襲い掛かる……。

作品情報

『感染家族』
8月16日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてロードショー

監督・脚本:イ・ミンジェ
出演:キム・ナムギル、チョン・ジェヨン、オム・ジウォン、イ・スギョン、チョン・ガラム、パク・イナン
2019/韓国/カラー/韓国語/112分
原題:기묘한 가족
英題:The Odd Family:Zombie On Sale
映倫G
配給:ファインフィルムズ

© 2019 Megabox JoongAng Plus M & Cinezoo, Oscar 10studio, all right

『感染家族』オフィシャルサイト
http://www.finefilms.co.jp/theoddfamily/