『この世界の片隅に』片渕須直監督も絶賛! アニメーション映画『幸福路のチー』の11月29日公開が決定&予告編解禁

『この世界の片隅に』片渕須直監督も絶賛! アニメーション映画『幸福路のチー』の11月29日公開が決定&予告編解禁

台湾発のアニメーション映画『幸福路(こうふくろ)のチー』が、11月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開決定。予告編、メインビジュアルも解禁となった。

本作は、オリジナルアニメーションの土壌が無い台湾で、ひとりの実写映画監督ソン・シンインが自らアニメーションスタジオまで起ち上げ、完成させた奇跡の一本。その半自伝的な物語は、国籍、世代、性別を問わず、世界中の人々から「自分たちの物語」だと絶大な共感を呼び、アヌシー、オタワなど名だたる国際アニメーション映画祭を席巻。2019年のアカデミー賞®「長編アニメーション」の25作品にもエントリーされるなど、快進撃を続けている。

また、日本では2018年のTAAF東京アニメアワードフェスティバルでグランプリを獲得。『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開を控える片渕須直監督は、本作について「歴史を描く、暮らしや景色の変化を描くというテーマについて、アニメーションだからこそ出来ることがある」とコメントを寄せている。

【INTRODUCTION】
橋から見る夕暮れ、
懐かしい匂い、
幸福路で出会ったのは
忘れていたあの日のワタシ―。

チーは祖母が亡くなった知らせを受け、長らく疎遠にしていた故郷、幸福路に帰ってくる。記憶にあるのとはすっかり変わってしまった景色を前に、チーは人生、そして家族の意味を考え始める。子どもの頃の夢、老いていく親、大人になった自分。「あの日思い描いた未来に、私は今、立てている?」。実は人生の大きな岐路に立っていたチーは、幸福路である決断をする――。

本作は、1975年生まれのひとりの女性の半生を追う。無邪気な少女時代、親の期待に応えることが至上命題だった学生時代、理想とは違う社会、友人との別れ、そして新しい出会い―。その背景には、台湾語禁止の学校教育、少数民族である祖母との関係、学生運動など、戒厳令の解除を経て民主化へと向かう現代台湾の大きなうねりが描かれる。チーの人生を追体験しながら観客はいつしか自分の半生を振り返り、映画の中に懐かしい人の顔を見つけるはずだ。

作品情報

『幸福路のチー』
11 月 29 日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督:ソン・シンイン
声の出演:グイ・ルンメイ、チャン・ボージョン、リャオ・フェイジェン、ウェイ・ダーション
主題歌:ジョリン・ツァイ「幸福路上/On Happiness Road」
台湾/111分/2017年/中国語/1.85:1
字幕翻訳:田邉拓郎
協力:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
提供:竹書房、フロンティアワークス
配給:クレストインターナショナル

©Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

オフィシャルサイト
http://onhappinessroad.net/