監督こだわりのアクションマシマシ! 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』特別映像が解禁

監督こだわりのアクションマシマシ! 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』特別映像が解禁

8月2日より上映中されている、「ワイルド・スピード」シリーズ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のアクションシーンマシマシな特別映像が解禁となった。

本作の主人公は、超重量級のクルマを操る元FBI特別捜査官にして追跡のプロであるルーク・ホブスと、超高級なクルマを駆る元MI6エージェントにして規格外の男デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)という、「ワイスピ」ファンにはおなじみのふたり。今回はそんなふたりの前に、イドリス・エルバ演じる闇の組織“エティオン”が生み出した、超人的な戦士・ブリクストンが立ちはだかる。

 

デヴィッド・リーチ監督が、「ずっと好きだったシリーズでアクションの経験が生かせて本当にうれしい。元は振付師やスタントをしていた。だから”僕ならこうする”と体が勝手に動いてしまう。戦うの大好き」と語る今回の映像は、アクションシーンのメイキングなども収録。1990年前半にスタントマンとしてキャリアをスタートさせ、ジャン=クロード・ヴァン・ダムやブラッド・ピット、マット・デイモンのスタントダブルとしても活躍していたリーチが手掛ける本作は、臨場感を高めるカメラワークが見どころのひとつになっている。

 

リーチについて、ブリクストンを演じたイドリス・エルバは「時にカメラまで操っていた」とコメント。数々のアクション映画で活躍しているジェイソン・ステイサムは「デヴィッドは天才だ。動きを知り尽くしてる。アクション映画への情熱がハンパじゃない」、ドウェイン・ジョンソンは「本作の肝はアクションだ。デヴィッドの作るアクションはハリウッド随一だ。観客を第一に考えてる」と熱を込めて語っている。

また、過去の振付師やスタントをしていた経験から、「アクションは想像以上に重要で戦い方でキャラクターが分かる」と語るリーチ。本作で本格的なアクションに挑戦することになったヴァネッサ・カービーは、「全員がデヴィッドに絶対的信頼を寄せてた」と、アクションのことが分かる監督へ絶大な信頼を寄せていたことを明かしている。

そんなリーチが、「シリーズのDNAを受け継ぎつつ、アクションには僕の色を出したんだ」と語る本作のアクションは、軍用トラックがビルを突き破ったり、身の回りにあるもので敵をなぎ倒すだけでなく、サモアでは銃も使わずに原始的な武器で戦うという“規格外”のものも。今までの「ワイスピ」を上回るアクションマシマシな本作を、ぜひ劇場の大スクリーンで楽しんでほしい。

 

【STORY】
ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!

作品情報

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
超ヒット上映中!

キャスト:ドウェイン・ジョンソン/ジェイソン・ステイサム/イドリス・エルバ/ヴァネッサ・カービー
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:クリス・モーガン
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
邦題:ワイルド・スピード/スーパーコンボ
原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw

©Universal Pictures

オフィシャルサイト
https://wildspeed-official.jp/