スカパラ×西田敏行のコラボが実現!? 映画『任俠学園』挿入歌&メイキングを収めたPVが解禁

スカパラ×西田敏行のコラボが実現!? 映画『任俠学園』挿入歌&メイキングを収めたPVが解禁

9月27日(金)より公開される映画『任俠学園』で、主題歌「ツギハギカラフル」を書き下ろした東京スカパラダイスオーケストラと、阿岐本組の組長を演じる主演・西田敏行のコラボが実現。挿入歌「また逢う日まで」を手掛けたことが明らかになり、リハーサル風景が収録されたPV映像も解禁となった。

原作は、昔気質のヤクザ者が世のため、人のため、義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる、今野 敏による人気小説「任俠」シリーズ。その第一弾である本作は、倒産寸前の私立高校再建を任された阿岐本組の奮闘が描かれる。

なお、今回コラボしたスカパラは、西田について「小さい時からテレビの中の人というイメージで今も活躍されていて半世紀くらいずっと憧れの人! 実際にお会いすると存在感がすごかったし、すごく緊張した!」とコメント。西田は、「実際に会うのは初めてだが、彼らの音楽に触れて、いつもリズムに乗って体をスイングしてます」と語っている。

また、PV映像内に収録されたメイキングでは、スカパラの演奏に合わせて、西田がこぶしを効かせながら情熱的に歌い上げるリハーサル風景が収録。演奏が終わるとスカパラメンバー総立ちで拍手が沸き起こり、スタジオは大盛り上がりを見せたという。

初収録後のインタビューで、スカパラは「西田さんの包容力がある声で、大きく包み込むような愛情が感じられる歌になれば」と述懐。西田もスカパラとの共演に「震えがくるくらい興奮した。相乗効果で、ひとつ上のポテンシャルを発揮できた!」とお互いがリスペクトし、高め合って収録に望めたことを伺わせた。

【STORY】
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

作品情報

『任俠学園』
9月27日(金)全国公開

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野 学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎・桜井日奈子 白竜 光石 研 中尾 彬(特別出演) 生瀬勝久

原作:今野敏「任俠学園」(中公文庫刊)
脚本:酒井雅秋
監督:木村ひさし
企画・制作プロダクション:ROBOT
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:映画「任俠学園」製作委員会
©今野 敏 / © 2019 映画「任俠学園」製作委員会

オフィシャルサイト
www.ninkyo-gakuen.jp